441 / 559

土を花壇の元あった土と混ぜていく。 これがなかなかの重労働で、限られた数のスコップでザクザクと掘り返して混ぜる。 疲れもあって女子はゼーハーゼーハーと荒い息を吐きながら1列ずつやっては交代していく。 そして今度は祐羽の順番が回ってきた。 よし、ここをすれば最後だ。 祐羽が気合いを入れてザクッと土にスコップを刺すが、下の土は思ったよりも硬い。 ウソ…こんなに硬いの? 負けないもんね~くっ! なんとかザクッとするが、皆がしたように上手く出来ない。 力が弱いのもあるが、祐羽が担当する場所は端で普段よく花壇の手入れ等で踏まれることが多い為、踏み固められていたのだ。 それが1年間ともなると、硬いのは当然で…。 男子だから力があると思い任せたものの竹田は、やっぱり無理か…と先程の一輪車の件を思い出した。 竹田の中での王道BL的には、受け男子はこれでいいのだ。 仕方なく竹田が代わろうとした時だった。 「月ヶ瀬、何してんの?」 「あ、滝本くん」 第二のイケメン現る。 「ここの土を掘り返してるんだけど、ちょっと硬くて苦戦中」 アハハと笑った祐羽に、滝本が持っていたタオルを渡す。 「これ持ってて~俺が代わりにやってやるよ~」 「ええっ?!滝本くん部活、」 「呼び出しくってて、今から行くんだけど。どうせ遅れてるしだーいじょうぶ。心配すんな、見とけよ」 そう言った滝本はザクザクと何事も無いかのように、一気に土を掘り返していった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

出会った瞬間セックスをする天使と悪魔が恋に落ちる話
52リアクション
7話 / 31,407文字 / 156
2017/5/25 更新
あいつと一緒にいられる高校最後の夏休み。
172リアクション
69話 / 60,363文字 / 250
2017/8/5 更新
優秀賞 学園BL短編小説コンテスト〜卒業〜
【卒コン入賞】卒業式に備えて第二ボタンを水増し量産するなんて、聞いたことないぞ。
50リアクション
5話 / 5,485文字 / 317
2018/2/13 更新
R18/「琥珀の蛇と傷だらけの犬」パラレル/極道/SM/ヤクザ/女装/監禁/
210リアクション
8話 / 7,475文字 / 774
2018/11/25 更新
優秀賞 梅雨のBLコンテスト
一時だけの恋人。
51リアクション
5話 / 9,844文字 / 186
6/22 更新
むさ苦しく冴えない男攻め×黒髪褐色肌受け 兄弟闇BLオメガバース
77リアクション
6話 / 5,262文字 / 20
13時間前 更新