2 / 6

第2話

 二時間目から教室に戻った僕は、いつも通り気配をころして席に着く。  成績は可もなく不可もなく。あくまで目立たぬように。  それが僕を育てた父親の方針だ――といっても実の父ではない。  それどころかヒトですらない。  どこか暗い所にいた僕を気まぐれに拾い上げて育てたのは、だった。  だから、僕も元がヒトなのかどうかわからない。三島海斗(かいと)という名前も偽物だ。  父親は自分の仕事を代わりにこなせる者を必要としていた。  ヒトの世にまぎれ込み、ヒトのように学校へ通って暮らしながら、僕は生き物の精気や魂を売り買いする化け物に成長した。  に育った僕を、父親は特別に愛してくれる。  それは僕にとって吐き気をもよおすようなおぞましい愛情だった。 「おまえは誰よりも美しい」 僕が初めて下着を汚した朝、父親は淫らな欲望を()き出しにした顔でそう言った。 そして、何も知らなかった僕を快楽で蹂躙(じゅうりん)し、無理やり放出させた挙げ句、押し開いた脚の奥を手荒く犯した。 止めてと泣き叫ぶ僕の声は、父親の嗜虐心(しぎゃくしん)を掻き立てたらしく、行為はエスカレートしていくばかりだった。  僕の人生は薔薇の繁みにがんじがらめに囚われたようなもので、もがけばもがくほど(とげ)に痛めつけられて傷だらけになってしまう。  それでも、胸の奥底から噴き出す熱い血に焼かれるのと比べたら、取るに足らない痛みなのだ。  放課後の昇降口で蒼空(そら)に会った。 「帰るの?」  屈託なく話しかけてくる。 ふくふくした頬には笑窪が浮かんでいた。 大地が愛してやまない、優しいだけが取り柄の、平凡な容姿の小柄な少年。 普通なら嫉妬で憎みそうなものなのに、どういうわけか、蒼空といるとふんわり包まれたような温もりを感じる。 「蒼空は部活?」  彼が着ている白地に赤ラインが入ったジャージは、大地と同じテニス部のものだ。 「コーチに頼まれて大地を捜してるんだ。帰ったはずないけど居なくて」  僕は直感で大地が悟った。 「手伝おうか?」 「ほんと? 助かるよ、俺より海斗の方が大地の事わかってるもんね」  何気ない蒼空の言葉が、透明な針のように僕の心臓を貫く。残酷な衝動が湧き上がってくるのを、僕は必死にこらえて笑った。 「見つかったらスマホで連絡するよ」  僕は蒼空と別れて階段に向かった。  最上階の階段を更に上ると、予備の机などをしまっておく屋根裏倉庫がある。 扉には鍵が付いているが、大地は合鍵を持っていた。どんな手を使ったのかはわからない。  窓のない扉に手をかけると、内側から湿ったあえぎ声が漏れ聞こえてきた。ぎしぎしと机を揺らす淫靡な音がする。  僕は(ひたい)真眼(しんがん)を開き、扉の向こうを透視した。  下級生らしき小柄な少年の腰を抱え、背後から貫いて動く大地の浅ましい姿が見える。  もう何度も見ているが、だと思う。それなのに僕は目が離せないのだ。  やや開いた唇と上気した顔、首筋を流れる汗の雫、(たくま)しい太腿の筋肉、その付け根から屹立(きつりつ)した太いあれまで、普段は見ることのできない大地の生々しい姿が僕を(とりこ)にする。    僕は立っていられなくなって、がくんと膝を折り床に手をついた。 「どうして?」  こんな(けが)れた行為に耽る大地に。 「どうして?」  恋い焦がれてしまうのか。 「どうして?」  癒えない傷に苦しみながら口をつぐんでいるのか。  精気を操る力を使えば、大地を意のままにすることは可能だろう。  だが僕は、大地の美しい肉体や顔だけでなく、黒く染まった残酷な心をも愛しく感じているのだ。  もし操れたとしても、心がないなら大地の抜け殻でしかなく、そんなものを欲しいとは思わない。   「こんな所でどうした?」  階段の下で待っていると、制服の上衣を手にした大地が下りてきた。相手の姿はない。 「蒼空が捜してた」  いつも通り。  僕の顔は共犯者じみた黒い笑みを浮かべている。  そして大地は狡猾な目でそれを眺め、うっとりするほど邪悪に微笑むのだ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!