4 / 6

第4話

 ヘマをしてしまった。  僕は制服の上衣を脱ぎ、流血を隠すために腕にかけた。手首の少し上がザックリ切り裂かれている。  標的に仕掛けるタイミングが一拍遅れ、思わぬ反撃に遭った。僕だって物理的攻撃を受ければ普通に怪我をしてしまう。  どうにか依頼だけは完了させたのだが、日本刀で付けられた傷は深く、なかなか塞がらない。 人通りの少ない道を選んで自宅へ向かった。 ――あんな場面を見てしまったせいだ。  図書室の書架の陰で、大地は蒼空にキスしていた。  そっと頬に触れた右手と、強めの力で頭の後ろを押さえている左手。長身を屈め、蒼空の小さな朱い唇を慈しむように(ついば)む大地。  性奴隷との醜悪な場面と違って、それはとても清らかで崇高な行為に見えた。 ――どうして大地の優しいキスを受けるのが僕じゃないの?  わかっている。  わかっているのだ。  大地を白く癒せるのは蒼空だけで、黒い命を吹き込んだ僕の出る幕などない。  永遠に、ない。  「海斗」  路地を抜けると、目の前に蒼空がいた。驚いた顔をして駆け寄って来る。 「どうしたの!?」 「え、何が?」  僕は平静を装い笑みを浮かべた。 「だって、その血……」  言われて自分の体を見下ろすと、シャツの胸が赤く染まっていた。傷のある腕を寄せ過ぎたらしい。 こんな失敗は全くもって僕らしくない。 「車に轢かれた猫を抱き上げたから……」  だめだ、うまく誤魔化せない。  僕は蒼空から離れて逃げ出した。  自宅のドアを開けるとが立っていた。 「しくじったな」  答えるより早く、僕の体は見えない何かに捕らわれ、宙吊りにされてしまった。  父親の背中から生えた黒い手が伸び、僕の衣服を全て切り裂いた。  高く(かか)げられた腕から流れる血が、裸に剥かれた体を伝って床に滴り落ちていく。 「これはこれで美しい」  父親は僕の肌に手を()わせ、長い爪をずぶずぶと傷口に沈めた。新しい血がどくどくと湧き出す。  僕は歯を食いしばって痛みに耐えたが、ヒト型を保てなくなった。  父親の眼差しに(けだもの)じみた光が宿る。  おぞましい口づけ。  (ねば)ついた舌が、僕の口腔を無遠慮に()めまわす。  血を塗りたくるように肌を撫でまわす無数の黒い手と、僕のものを握って(しご)き立てるヒトの形をした手。  吐き気がする。  それなのに肉体は快楽に抗えず、反り返って天を仰いだものから淫靡な蜜をしたたらせ、執拗に弄られて火照った部分は侵入を待ちわびてしまうのだ。  激しく突き上げられ、僕は白濁した汁をだらだら流し、目がくらむような強烈な快感に気が遠くなる。  僕は深淵をのぞきながら、いったい自分はどこにいるのだろうと考える。  深淵のふちに立っているのか、堕ちかけているのか、それとも……もうとっくに墜落してしまっているのか。 「治してやろう」  獣欲を満たした父親は、僕の翼から羽を一枚引き抜くと黒い霧に変えた。  もやもやと傷口に吸い込まれていく霧を眺めているうちに父親は姿を消し、僕は解放されて床に崩れ落ちる。  痛みが遠ざかるのを感じながら目を閉じた。  とても……とても疲れていた。  だから気が回らなかったのだ。 「海斗なの?」  やわらかく清浄な空気が僕を包む。  夢だと思ったのに、むき出しの肩に温かい手を感じた。  ばっと身を起こすと、そこには蒼空の姿があった。 ――どうしてここにいる?  いや、訊くまでもない。僕の様子が変だったから心配して訪ねて来たのだ。  父親との交歓を見られなかっただけマシかもしれない。 「綺麗だ」  蒼空はつぶやいて、僕の黒い翼に触れた。 「熱っ」  声を上げた僕に慌てて蒼空が手を離す。  ふり向いて見ると、蒼空が触れた部分の羽が白くなっていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!