3 / 95

1.青空と"さよなら"と(3)

 ただポロポロと涙を流していた要が、おばさんが旅立ったと同時に、身体が壊れるんじゃないかというくらい声をあげて号泣した。  そんな要に、俺ができるのは、ただ抱きしめてやるだけ。それは、本当はおじさんがやるべきことなんじゃないか。おばさんの側にいるべきなんじゃないか。  俺は、怒りでおかしくなりそうだった。  要がようやく落ち着いた頃、うちの母親が到着した。おばさんと、うち母親は社宅に入居した当時から仲良くしていただけに、病室に着いたとたん、要に負けないくらいに、号泣した。  要は、そんな母親を見て、逆に涙がひっこんだらしく、母親の背中を優しくなでていた。しばらくすると、今度は親父が病室に現れた。 「親父……」  俺は、親父の腕をとると、病室から出てほど近いところにある休憩室に向かった。 「連絡とれた?」 「ああ。会社の携帯のほうは、電源入れてたみたいでな」  なんだよ、それ。要には、そっちは教えていなかったってこと?仕事の電話には出られて、家族からの連絡は受け付けないってか? 「で、今どこ?」 「……北海道だと」 「……はぁ!?」 「今から戻っても、明日になるとか」  苦々しく言う親父。普通なら、飛行機に乗れば帰って来れるような時間だというのに、明日とか、何呑気なことを言ってるんだ?と思ったと同時に、どんな辺境に行ってるんだよっ、と怒りが湧き上がる。 「なんだよ、それっ!」 「それは、俺の方が言いたいっ」  声を殺しながら、壁を思い切り殴りつけた。  ……やっぱ、俺たちは親子だな、と思った。 「要くんは?」 「今、母さんが相手してる」 「そうか……獅子倉が、こんなヤツだとは思わなかったよ」 「……その北海道って、誰と一緒に行ってるの」 「え?」 「だって有給なんだろ。そんなとこ、一人で行くわけないじゃん。息子置いてなんてさ。」 「……」  苦虫を噛み潰したような顔の親父。 「俺、前に見かけた気がするんだよね。おじさんの相手」  夏の花火大会の話をした。 「……」 「マジで、ありえねぇと思うんだけど」  奥さんが入院してるってのに。 「親父、俺、おじさん来たら殴ってもいい?」 「やめとけ」 「なんでっ」 「お前が殴るような価値などない」  親父の目が、とても冷ややかなものになった。今までみたことがないくらいに。いや、要が亮平に襲われた時、あの時の対応をしている時も、同じような顔をしていたような気がする。 「お前は、要くんのそばにいてあげなさい」 「ああ」  そう言うと、俺を病室のほうに押しやると、そのまま休憩室で、どこかに電話をかけはじめた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!