11 / 95

1.青空と"さよなら"と(11)

 家に着くと、「要くん、要くん」と、母親が一人で盛り上がっていた。これなら大丈夫か、と、俺は一人部屋に戻って、ロンTにジーパンに着替える。リビングに戻ると、甲斐甲斐しく要の世話をやいている母親と、それに圧倒されてる要がいた。 「母さん、ほどほどにしとかないと、要、帰っちゃうかもよ」  俺が呆れて言うと、 「そ、それは、ダメっ!」  そう言いながら、要に抱き付いてるし。それが逆効果だっていうのに。 「要、俺の服でよければ着替えろよ」 「あ、す、すみません」  慌てて、俺の後をついてくる。チラっと見ると、帰りの電車で見た、何を考えているのかわからなかった表情よりも、気持ち、顔が緩んでる気がする。  俺の服を着ても、それほどサイズの違いを感じなくなった。 「……お前、でかくなったのな」  背の高さもあまり変わらないか? 「そりゃ、成長期ですからね」  クスクス笑いながら、目の前に来て見せるから、軽くキスをした。 「っな!?いきなり何をっ!?」 「ここに来て、そのセリフ、おかしいんじゃないか?」  そう言って両手を腰に回して、抱きしめる。やっぱり、腰回りも細い。こんなに華奢だったっけか。 「……ちゃんと飯、食え」 「た、食べてるって言ったじゃないですか」 「……もっと食え」 「ふ、太っちゃいますよっ」 「もっと、太ってもいいと思うけどな」 「何、言ってるんですか。」  要をグッと引き寄せると、耳元で囁いた。 「そのほうが、抱き心地がよさそうだ」  もう一度、唇を重ねる。  要の柔らかい唇を、優しく()むたびに、甘い吐息が漏れてくる。ゆっくりと、舌を絡め合いながら、服の中の要の背中に手を触れる。それだけで、ビクリと震える要が、愛しくて仕方がなくて、理性が飛びそうになる。 「二人とも、おやつ食べる~?」  ……タイミングよくなのか、悪くなのか。  母親の明るい声がリビングのほうから聞こえてきた。唇を重ねたままだった俺たちは、とろんとした目をお互いに交わしながら、苦笑い。名残惜し気に唇を離す。 「どうする?」 「……おばさんに悪いですから」 「そっか……わかった!もうちょっとしたら行く!」  ドア越しに大きな声で返事をすると、その前にもう一度と、要の唇を貪った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!