23 / 95

1.青空と"さよなら"と(23)

 血だらけになったのは、親父の顔だけじゃない。俺の拳も、真っ赤になっていた。肩で息をしながら、俺は思い切り睨みつける。 「なに、やってんだよっ、クソ親父っ!」 「……」 「いつも週末にいなかったのは、こういうことかよっ」  俺の叫ぶ声に、目の前の三人は、ビクリと身体を震わせた。 「あ、あの、獅子倉くん……」 「気安く声かけんなっ!」 「そんな風に言うんじゃ……」 「何、偉そうに言ってんだよっ」 「……ッ!」  顔を歪める親父。 「……だからかよ」  母親が、部屋を変えたがった理由。 「だから、母さんは病棟を変えたかったんだ」  ビクリと身体を震わせた女を、俺は汚いものでも見るように、冷めた目で見た。 「……だから、母さんは死んだんだ」  親父が驚いたような顔をして、俺を見た。 「……まさか、自分が親父の不倫相手に面倒みられてるなんて、屈辱以外のなにものでもないもんなっ」  嘲るように、俺は叫んでいた。 「獅子倉くん、もう、その辺にしておきましょう」  優しい低い声で、俺はようやく、我に返った。  その人は、俺の真っ赤になった手を引き寄せ、背中から抱きしめると、冷たい声で親父に言った。 「再び、お会いするとは思いませんでしたが。こんな形で、非常に残念ですよ。獅子倉さん」 「あ、あなたは……」 「馳川の部下の宇野です」  その名前を聞いただけで、親父の顔は強張った。 「要くんは、我々のほうで、引き取ります。あなたは……ご自身の身の振り方を、よく考える事ですね」  俺は、宇野さんに促されながら、その場を離れた。溢れる涙が、止まってくれない。  ずっと家にいなかったのは、そういうことだったのか。  俺は、あの人にとって、なんだったんだろうか。もう、何も考えたくなかった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!