26 / 95

2.恋しくて、恋しくて(2)

「……なんで、あそこに宇野さんたちがいらっしゃったんですか?」  コーヒーカップから目を離さずに、坂入さんに聞いた。あまりにもタイミングが良すぎたから。 「お母様が亡くなられたのを、亮平さんが知りまして」 「……なんで」 「おそらく、鴻上くんから連絡がいったのではないかと」 「……」 「葬儀のほうには、別の者の名前で、伺っているかと」 「……そうだったんですか」  坂入さん曰く、亮平が俺を心配して、しばらく様子を見るように宇野さんに言ったらしい。たぶん、柊翔が俺の家に通ってることも、知ったに違いない。だから、そろそろ引き上げようとしていた時に、親父の行動に違和感を持ったらしい。 ……そして、親父のことを調べていたと。 その途中で、俺と親父が遭遇してしまった。 「……鴻上くんに連絡しますか?」 「……え?」 「スマホ、メッセージがいっぱい来てるみたいですよ?」  もう模試が終わったんだろうか。それにしては早すぎる気がする。坂入さんから、まだ十分に充電できていないスマホを渡されて、メッセージを確認した。 「……す、すごい数……」  確かにメッセージがいくつか来ていたけれど、中でも柊翔からのメッセージの数が尋常ではなかった。どれもが俺がどこにいるのか、何があったのか、早く連絡しろ、という内容のもの。 「と、とりあえず、メッセージだけ、返します」  そう言うと、坂入さんは、優しく頷いて、席を立っていった。坂入さんの視線を感じなくなったせいか、すごく柊翔に会いたくなって、甘えたくなった。スマホを思わず、握り締めて、零れそうになる涙をこらえた。ズズッと鼻をすすりながら、メッセージを入力しようとしたら。 「うわっ!?」  柊翔から、電話がかかってきた。既読がついたせいかもしれない。 『要、今、どこ』  ……すごく、怒ってる声。 「……亮平の住んでた家」 『ッ!?』 「充電きれるから……。」 『要!?』  本当はもっと話したいけど。話すだけじゃなくて、会って、抱きしめてもらいたいけど。  さっきの親父からの電話のせいもあって、残り4%とか、マジ勘弁だわ。再び充電器につなげながら、メッセージを打ち始めた。 『電話途中でごめんなさい』 既読 『電話でも言ったけど、亮平が前に住んでた家にいる』 既読 『今、充電しながら打ってる』 既読 『ちょっと、いろいろあって』 既読 『柊翔に会いたい』 既読 『これから行く』 柊翔のメッセージに、乾いてた涙がまた零れた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!