38 / 95

2.恋しくて、恋しくて(14)

 宇野さんは、とりあえず日程を調整したら連絡する、とだけ言って電話をきった。  親父と、何を話せばいいというのだろう。  ソファの背に頭を乗せて目をつぶる。思い浮かんでくるのは、結局は、怒りの言葉しかなくて、それじゃ、何も変わらないんだって、自分でもわかってる。  今は、俺は未成年で、自分の力じゃ、何もできないという現実。  あんな親父でも、結局は、あいつが俺の保護者。その事実が、俺の逃げ道を塞いでいる気がする。  ピー、という炊飯器の米が炊きあがった音で、夕飯の準備が途中だったことを思い出す。時計を見ると、もう少ししたら柊翔が来る時間になる。慌てて、キッチンに戻って、準備を始めた。  しばらくするとインターフォンが鳴り、画面を見ると、ニッと笑ってる柊翔の顔が映し出される。それを見ただけで、ホッとしている俺。  ロビーの自動ドアを開けると、俺はテーブルの上に料理を並べ始めた。まもなく、玄関のチャイムも鳴るから、玄関を開けにパタパタと歩く。 「よぉっ……あっ!?どうした?」  少し疲れてそうに見える柊翔なのに、俺は、つい、我慢できなくて抱き付いてしまった。柊翔はポンポンと背中を優しく叩く。 「……要、腹減った。」  優しい声が耳元をかすめる。 「……うん」  俺は名残惜し気に身体を離すと、キッチンに戻ると残りの料理を手にとった。 「おおお。要、どんどんレパートリー増えてる?」  バックとブレザーをソファに置くと、テーブルの上の料理をのぞきこむ柊翔。なんだか子供みたいに、ワクワクした顔なのが、なんだかカワイイって思ってしまった。 「レシピサイト見ながらだから……」 「いやいや、それでも作れるだけ、大したもんだよ」  いそいそと席に座り、「いただきます」と言うと、料理に箸をつけだした。たいしたもんじゃなくても、美味しそうに俺の料理を食べてくれる。その姿に喜びを感じながら、俺も一緒に箸を進めた。  俺よりも先に、ペロリと食べきってくれた柊翔の笑顔を見て、幸せな気分になったのもつかの間、宇野さんのことを思い出す。  もし、親父と話をするんだったら、柊翔も一緒にいてほしい。 「あのね、柊翔」  さっさと食器を片づけている柊翔の背中に声をかける。 「うん?」  柊翔の隣に立ったけれど、顔を見ることができなくて、スポンジに洗剤をつけて泡立て始める。 「どうした?」  ジッと俺を見つめてる視線を感じて、ようやく重い口を開いた。 「……今度、親父と会うことになりそうなんです」  柊翔の息をのむ音が聞こえる。 「宇野さんが、調整してくれるみたいなんだけど……」  俺は大きく深呼吸をすると、思い切って柊翔に言ってみた。 「柊翔も、一緒にいてくれませんか?」 「当たり前だろ」  ……優しい声に、安堵のため息がでる。  柊翔なら、そう言ってくれる。  そう思っていても、少しの不安が俺の肩にのしかかってたみたいで、肩に力が入ってたみたい。柊翔の答えを聞いて、肩がストンと落ちた。 「宇野さんから連絡きたら、教えろよ」 「はい」 「……どんな話になっても……俺は、要の味方だからな」 「……はい」  洗い物で手が泡だらけになっている俺の肩を、ギュッと抱きしめる。 「あ、洗い物、途中ですからっ」 「いいじゃん」  そう言って、額にキスを落とす。 「じ、邪魔するんだったら、お風呂、やってきてくださいっ!」 「は~い」  真っ赤な顔の俺を残して、楽しそうに離れていく。  ……柊翔がいるだけで、これから先の嫌なことが、少しだけ軽くなった気がする。 「ありがと」  俺は小さくつぶやいた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!