7 / 33

第7話

 翌朝、舟而は茶の間で一人、残っていた芋粥を食べた。米粒は荒れ、昨夜のような舌触りのよさはなくなっていたが、それでも白帆が調えてくれた味は残っていた。 「見舞いに行ったら、会わせてもらえるだろうか。白帆に主婦みたいなことをさせた男だから、追い返されるだろうか」 右手に箸、左手に茶碗を持ったまま、芋粥を口の中に転がして、どこでもない場所を見ていたら、玄関の戸が開いた。  何人もの足音が廊下を走って来て、我に返ったときには四方を四人の男に囲まれており、何かを言うよりも先に、座布団の四辺を持ち上げられる。 「お嬢様が泣き止まないんです、このままじゃ病気が治るより先に、身体中の水がなくなって、干からびちまいます!」 舟而は箸と茶碗を持ったまま、座布団ごと車の後部座席に押し込められて、上野松木町、寛永寺近くの銀杏家へ連れて行かれた。 「さあ、お嬢様、先生ですよっ!」  銀杏家の二階の和室、白帆が手拭いを目に当てて泣いているところへ、舟而は座布団ごと、犬に褒美を与えるように落っことされた。 「先生っ!」 白帆が泣き濡れた顔を上げて舟而を見たので、舟而はとりあえす目を弓形に細めて見せた。 「おはよう、白帆。芋粥を食べるかい?」  白帆は泣き止み、さらには笑顔にもなって、舟而の首に腕を回して抱き着いてきた。 「食べますっ。お薬も飲みます、お医者様のおっしゃることも全部聞きます」 「おおおっ! すぐに朝飯を持って来い! お嬢様の気が変わらないうちに、早くっ!」 門人(もんじん)の誰かが階段の上から指示を出し、続けて階段を駆け上がってくる音がして、白帆の前に朝食の膳が置かれた。  焼きたてのトースト、ハムと卵焼き、キャベジ(キャベツ)サラド(サラダ)、牛乳、そしてレバーのソテーが並んでいた。 「うっ……」 白帆は手拭いで鼻を覆う。 「お前さん、牛乳とレバーは苦手だからな」 舟而が苦笑する隣で、割烹着を着た門人が顔を突き出す。 「血が足りないのは、レバーがいいんですよ、お嬢様! それに牛乳は栄養がつきます」 貧血という診断はなかったように思うが、懸命な表情で訴えられては、逆らいにくい。 「すみませんが、砂糖をひと匙、牛乳に加えてやってくれませんか。甘ければ飲みます」 舟而が入れ知恵すると、すぐに実行されて、白帆は鼻をつまみながら牛乳を飲み干した。 「おおおっ! 先生のおっしゃる通りだ!」 「お嬢様が牛乳を飲んだぞ!」 「お嬢様、よくよく頑張りなさいました!」 「素晴らしいです、お嬢様!」  門人たちは深く頷きながら、パチパチと拍手をした。  さらにレバーのソテーも、門人たちが息を殺し、目玉だけを動かしながら見守る中、舟而が箸でつまみ上げて白帆の口の前に差し出した。  そして舟而が白帆の耳へ口を寄せて何かを囁くと、白帆は頬を赤らめ、小さく笑って口を開け、食べた。 「おおおおおっ! お嬢様がレバーを食べたぞ!」 「お嬢様がレバーを!」 「レバーを!」  観客はみるみる増えて、白帆が食事をすべて食べ終えたときには、部屋いっぱいの門人たちから盛大な拍手が湧き上がった。 「ということで。先生、お願い致します。この家へ越してきてくださいませ! 白帆の病を治すと思って、どうぞお願い致します!」 長兄と次兄、さらには門人たちまでが、揃って畳に手をついた。 「ええと……」  頭を下げる面々の向こうで、白帆は布団の上からいやいやと頭を左右に振って見せる。 「あの、できれば白帆は僕の家へ連れて帰りたいのですが……」 と話している途中で、畳に手をついている次兄に、仔猫を守る母猫のような目で睨め上げられた。 「……やっぱり、無理……です、よ、ね?」 気ままな次男坊の舟而も、自分の兄ならともかく、白帆の兄には逆らいにくい。 「はい、無理です。白帆はこの家で世話しますっ! 家事はさせませんっ!」 次兄が宣言するのへ、白帆がおっかぶせて声を張る。 「私は、この家の世話にはなりませんっ! 家事もやりますっ!」  舟而は腕を組み、天井に向かって息を吐いた。網代(あじろ)天井を見上げながら思案を巡らせ、兄たちと白帆を見比べながら口を開く。 「この近くに家を借りて引っ越す、というのでは駄目でしょうか。女中を雇って、白帆に家事はなるべくさせないようにします。白帆のことがご心配なら、昼の間に時々様子を見に来ていただ……」 「それはいいですね! 隣に家を建てましょう」 舟而が言い終わるより先に、長兄が決裁した。 「は? 隣に家?」 「そうです。隣に家を建てて、渡り廊下で繋ぎましょう。白帆もそれならいいだろう」 長兄が白帆の方へ振り返ると、白帆はべえっと舌を出した。 「渡り廊下は嫌っ! 塀はうんと高くしますっ! それから隣の土地は私が買うし、家を建てるお金も私が払います。兄様たちには頼りませんっ!」 黒髪を振って横を向く。 「白帆、どこにそんな金が……?」 「私だって、躍進座の看板を背負って立つ役者です、見くびらないでくださいまし!」 「そ、それは失礼」 「ということで、今までお世話になりました」  白帆は門人たちに囲まれ、絶対安静を守らされていて、舟而は一人で荷造りをし、近所の人に挨拶をして、白帆の世話を続けるために、引越屋のトラックに荷物と共に乗り込んだ。 「白帆ちゃんによろしくね。元気になったら、遊びに来るように言ってね」 「甘い物ばっかり食べてないで、ご飯もしっかり食べるように伝えてよ」 「この新聞の切り抜き、伽羅蕗(きゃらぶき)の作り方なの。白帆ちゃんに渡してちょうだい。渡せば分かるから!」 「これ、白帆ちゃんの好きな黒豆を煮たのよ。持って行って頂戴」 白帆が近所の人たちから、いかに可愛がられていたかを今さらに思い知りながら、舟而はその一々に会釈をした。 「先生、白帆ちゃんのこと、くれぐれもお願いね。頼んだわよ」 「先生、白帆ちゃんと仲良くね。男が家の中で頭を低くしておけば、家庭は上手く行くんだからね。白帆ちゃんに天下を取らせてあげんのよ」 「白帆ちゃんのこと、泣かせるんじゃないわよ」 舟而はしっかり頷き、トラックに揺られて上野松木町へ向かった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!