29 / 678

第29話

どれだけ可愛いんだろう… 朝陽さんの望み通り暫く中に留まった。 出て行くときは本当に寂しそうに俺を見上げていた 「朝陽さんの番ですよ。大丈夫ですか?」 「ん…満足させられるかわからないけど頑張る」 そう言うや否や朝陽さんの力とは到底思えないくらいの強い力で俺を押し倒した 「あ、朝陽さん?」 「上から見るってすごく良い眺めだね…」 そう言うとその薄い唇を舌舐めずりした。その姿は妖艶で思わず息を飲んだ さっきまでの可愛さはどこへ…其処にいるのはまるで蛇の如く…狙った獲物は逃さないとばかりに俺を見つめていた。 「あ、朝陽さん…ちょっと待って…」 「なぁに?待ってなんて聞けるわけないじゃん」 「なんかさっきまでと違うくないですか?」 「嫌?」 「いいえ。嫌ではないですけど心の準備が…」 「ずっとやってみたかったことがあるんだよね」 そう言うとベッドサイドにあるシャツで俺の腕を縛り上げ、近くにあったタオルで目隠しをされる 「これは…どう言う…」 「何かの雑誌で読んだんだ。自由に動かせない腕で更に目隠しをすることで視界が奪われ何をされるかわからない状態になり触られるといつも以上に気持ちいいって…」 そう言うと早速体を弄り始めた。朝陽さんは俺の動きを完璧に再現していた。 同じ人種だったのかと思わず口元が綻ぶ。 余裕があったのもほんの少しの間だった。 俺がまさか朝陽さんにこんなに喘がされるなんて… 「朝陽さん!!あんっ…あぁ…はぁ…はっ…ん…もっと…あぁぁぁ!!」 俺は今物凄く汚い顔をしているだろう…ありとあらゆる穴から液体が出ているのだから。 「気持ち良すぎて変になるぅー!!あんっ…あっ…朝陽さん…何で…そんな…あぁ!!」 「せーい!トロットロで可愛いねぇ…色んなところからこぼして…エッチだね」 そう言うと口から出た液体を舐めとった。そして耳元で水音を鳴らし今度は涙を舐めとる。 「あぁ…せい…たまらない…はぁ…いい…」 「あっさっ…ひさぁん…顔…朝陽さんの顔が見たい…これ取ってよ」 「しょうがないなぁ…いいよ」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!