11 / 166

第11話

 遥はプールの水面を打楽器のように両手で叩き、小さな水飛沫を立てながら、稜而を見上げる。 「ね、キスしよ? 一、セックスパートナーは一人だけっ! 二、一人で勝手に出掛けないっ!、三、バレたときは『真剣に愛し合っている』って証言するっ! 三つ約束するから、キス三回!」  遥が約束の数と、キスの回数、左右それぞれの指を三本ずつ立てて見せると、稜而は前髪を吹き上げてから、真面目な顔で遥を見た。 「セックスパートナーは一人だけ。いいな?」 「うん、約束する!」  稜而の顔が下りてきて、遥は習った通りに稜而の唇を見た。角度を変えて口づけていたら、下唇を唇で挟まれ、稜而の舌が遥の唇を丹念に舐めた。 「ん、んっ! ん!」  感覚の鋭い場所を舌先で刺激されて、くすぐったい。逃げたいのに、稜而に抱き締められ、逃げられない。追い詰められるうちに、くすぐったさは甘さを伴って、遥は逃げるどころか、自ら稜而を抱き締める。 「はあ……っ、今の、すっごい気持ちいい」 口を離した遥の目元は赤く、稜而を見上げる瞳は潤んでいた。 「二回目は上唇を舐めてやるよ。一人で勝手に出掛けないこと」 「うん。約束するから、キスして……」  上唇を食まれ、舌で舐め回されて、遥も口の中へ入って来る稜而の下唇を同じように舐めてみた。ぐっと強く抱き締められて、遥は水中で稜而の腰へ片足を絡めた。  稜而は何も言わずにキスを続け、遥の腰をしっかり抱き寄せる。 「んっ?!」 遥の高ぶりに、稜而の硬さが触れていた。 「あっ、稜而……」  遥は口を離して喘いだ。稜而は抱き締める手を離さず、喘ぐ遥の耳に約束を注ぎ込む。 「バレたときには『真剣に愛し合っている』と証言すること」 「ん……。証言する……」 三回目のキスに突入して、互いの舌を絡め合った。ぬるぬる、ざらざらと互いの舌の感触を味わい、遥が稜而の舌をぎこちなく前歯で掴まえ舐め回す。  腰に回されていた稜而の手が、遥のラッシュガードの内側へ入って来た。手のひらで直接背中を撫でまわされ、その手がわき腹から胸へ移動して……  バッシャーン! 「ほえ?」  派手な水しぶきに驚いて、その方向を見ると、黒と茶と白のトライカラーのコリー犬が、ざぶざぶと犬かきをして、二人に向かって泳いできた。絹のような被毛が水の中でゆらゆら揺れる。 「ジョン!」  稜而の言葉に、白亜の豪邸の内側で吠えていた犬の声を思い出す。  ジョンはちゃくちゃくと足を動かし、抱き合う二人の間へ黒い鼻を押し込み割り込んでくると、前足を稜而に向ける。稜而も慣れた様子でジョンを抱き上げ、ジョンは稜而の肩に抱き着いて、稜而の頬を大きな舌でベロンと舐めた。 「お隣の犬なんじゃないの?」 「何度穴を埋めても、塀の下をくぐって遊びに来るんだ」  なあ? と耳の後ろを撫でてやっている。 「くしゅんっ」 可愛いくしゃみをしたのは遥ではなくジョンで、稜而は相好を崩してジョンをプールサイドへ押し上げてやり、自分もプールから上がる。 「ジョン、タオルを持ってくるから、身体を拭くといいよ」  稜而が軽やかに駆け出していくと、ジョンはプールサイドから遥をしばし見下ろし、四本の足を踏ん張って身体を振るった。 「うっわ! 水っ! 毛っ! 飛んできてるし!」 「フンっ」 ジョンは黒い鼻を高く上げて目を閉じた。 「ちょ、何だよ。喧嘩売ってんのか?! オレ、そーゆーの負けないからねっ」  しかしジョンはツーンと黒い鼻を上に向けたまま、お尻を下ろして後ろ脚で自分の耳の後ろを掻く。ういーっと口角が後ろに引っ張られて、真っ白に磨かれた歯が見えた。 「相手にもならねぇってか!」 「フンっ」 「むきーっ」  遥も糸切り歯を見せて威嚇していたとき、稜而が大きなバスタオルを数枚持って戻ってきた。 「ジョン、お待たせ」 「はっうーん」 「何、その鳴き声」 ジョンは遥の言葉に耳を貸さず、稜而が広げたタオルの中へ飛び込んで、全身を擦りつける。 「うふーん、はわーん」  タオルで全身を擦ってもらい、お腹を上に向けて全身をくねらせている。 「ジョンは甘えん坊だな」 「はふーん」 ジョンは稜而に全身を擦り付けながら、チラチラと遥を見ては、フフンと鼻を鳴らして目を閉じる。 「何か、喧嘩売られてる気がするんだけど」 「そう? ジョンは女の子だから、男性の遥のことを意識しているのかもな」 「ジョンなんて名前なのに、女の子?」 「初代ジョンが立派な番犬だったから、名前を継いでるんだ。でもこの三代目は甘ったれで、誰にでも懐くから、泥棒が来ても歓迎してしまうかもというのが、大方の見方」 「うっわー、残念な犬!」 「ガルルルル」 「こらこら、喧嘩しない」 遥とジョンは、それぞれフンっと鼻を鳴らして視線を外した。 「お行儀は二の次、ちゃんと挙上しておけ」 バーベキューハウスでロートアイアンのダイニングチェアを並べられて、遥は椅子に座り、両足を乗せた。  稜而はデニム地のロングエプロンを着け、両手に軍手を嵌めて、慣れた手つきで炭火を熾すと、冷蔵庫から取り出した下拵え済みの食材を焼き始めた。 「稜而、前から見ると裸エプロンっぽいー! エロいー! 最高ー!」 「ほかに考えることはないのか」 「そんなの、十七歳男子に対して愚問じゃね? 自分だって十七歳のときには、エロしか考えてなかったクセに!」 「まぁ、否定はしないな」  トングでフランクフルトを摘まみ上げ、様々な角度から眺めてから、また鉄板へ戻した。 「今も、頭の中はエロばっかり?」 「仕事があるから、ばっかりとは言わないけど、エロは男のアイデンティティだからな」 「すげー、名言だね。エロあってこその男?」 稜而は食材を焼きつつ、笑いながらうんうんと頷いた。  椅子に座る遥と、グリルの前に立つ稜而の間には、しっかりとジョンが伏せていて、二人が会話するたびにレーダーのように耳を動かしている。  ぱちぱちと炭が爆ぜる音がして、遥は小さく呟いた。 「こういうとき、ギターがあったらみんなで歌えるのにね」  遥が交通事故に遭った日、背負っていたクラシックギターは、遥の頭と背中を守ってケースの中で大破していた。 「相手の保険でカバーされるんじゃないのか」 「一応ね。同じ楽器、同じ音色は戻ってこない代わりに、グレードアップしていいって言われてるけど、楽器店に行けないことには、どうにもならないよ」 「クラシックギターとフォークギターは、だいぶ違うものなのか?」 「うんにゃ。基本的な構造は同じ。オレはどっちも弾くよーん」  稜而は赤く燃える炭を見つめ、火ばさみで組み直しながらしばらく考えるような顔をすると、焼けたフランクフルトを遥の皿に載せたきり、どこかへ行ってしまった。 「稜而はトイレかなー? ついて行って襲っちゃえばよかったーん。……あ、ジョン。もーえるよ、もえるーよ。しっぽが燃えるー!」 「キャウっ?!」 遥の歌を聴いたジョンは立ち上がって、ぐるぐると自分のしっぽを追いかけた。 「うっそーん」 「グルルルルルル」  鼻に皺を寄せ、歯をむき出しにして怒るジョンを見て、遥が手を叩いて笑っていたところへ、稜而が黒いハードケースを持って戻ってきた。 「まったくメンテナンスしていない。今、納戸から持ってきただけなんだけど。使えるようなら、どうぞ」 稜而はテーブルの上にギターケースを置くと、すぐに数歩後ずさって、離れた場所から少しぎこちなく手でギターを示した。  蓋を開けてみると、国内メーカーのロゴが入った、フルサイズボディのフォークギターが収められていた。 「触っていいの?」  稜而はうんうんと頷いた。 「Harumiさん?」  ギターケースの裏に書かれた名前を読み取ると、稜而は小さくうんうんと頷いた。 「……母親」 「そっか。ハルミさん、お借りしまーす!」 遥は明るい声でケースからギターを取り出す。 「フォークギターはやっぱりデカいなー。状態いいねー。弦はちょっと錆びてるけど……、ピックも音叉も、歌集まで、全部入ってる!」  音叉を膝にぶつけて鳴らし、緩んでいた六本のスチール弦をネジで締めて調弦していく。弦を張るほど緩んでいた音は引き締まり、ボディに美しく響いて、周りの空気を震わせる。 「クリアに鳴るねー。やっぱ、スチール弦は音がキラキラしていていいね。うん、こんな感じかなっ」  ピックで六本の弦を撫で下ろすように弾くと、辺り一面に大きな音が気持ちよく響き渡った。 「わー、ダイナミックな音! カッコイイなぁ!」 一緒にケースに入っていた歌集を開き、タブ譜を見ながらコードを押さえて弦を弾くと、足元から大きな声が聞こえた。 「うわぉーん! うぉーうぉー、おおーん!」  ジョンが鼻っ面を上に向け、細めた口で遠吠えをしていて、稜而と遥は弾けるように笑った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!