28 / 191

第28話

 夕方のスーパーマーケットを、遥はミルクティ色の髪を揺らしながら楽しそうに飛び回る。 「うどんをはふはふも、おいーしーけーれど、つくーってあげーたいー、あなたのーくーうふくーをみたすのー、これからー、あんかけラーメン!」  野菜売り場で選んだニラをちょっと振って歌ってから、稜而が持つかごの中へ入れる。 「楽しそうだな」 「一緒にスーパー、楽しい! 夫婦って感じじゃなーい?」 「夫婦って、一緒にスーパーに行くのか?」 「遥は、一緒にスーパーに行く夫婦がいいのーん。それに一緒にお買い物すると、互いの性格もわかるし、価値観も共有できるようになるんじゃないかなーって思うのよーん」 「なるほど」 「実はまだ出会って間もない二人には、お買い物デートって大事なのーん」 「あんまり間もないという気もしないけどな」 「あーん、それは運命の出会いだからなのよー! すてきー! 稜而の肋骨から遥ちゃんができたのー! だから違和感がないのよー!」 「肋骨から人体を丸ごと一つ作るって……」 「やーん、深く考えちゃダメよー! はい、あーん!」  試食品のフルーツトマトを稜而の口へ押し込んだとき、かごを持った理事長が通りかかった。紺色のスリーピーススーツ姿で、仕事帰りの買い物らしい。 「こんばんは。夕食の買い物かい?」 「あ、と、父さん……」 稜而はフルーツトマトをもぐもぐしたまま、かすかに視線が揺らいだ。 「はい! 先生も、フルーツトマト、あーん!」  遥は慌てず騒がず、笑顔で理事長の口へもフルーツトマトを差し出した。  よく似た親子は、同じような顔でフルーツトマトを咀嚼し、それぞれが自分のかごへフルーツトマトを入れた。 「先生も一緒にあんかけラーメン食べませんか? 野菜たっぷりの特製あんかけラーメンです」  手際よく三人分のあんかけラーメンと春巻きとニラ玉を作ってテーブルに並べた。 「しょーゆちょっとたらし、どーんと、うぉーりー、つくーってあげーたい、あなたをーくーるーしめーるくうーふくーとかーから、こーすあいらーびゅー」 いただきますと同じように両手を合わせて、父と子は同じタイミングでどんぶりの上へ顔を突き出し、春巻きを頬張り、ニラ玉へ箸をのばした。 「先生と稜而、そっくり! さすが親子!」  遥が笑うと、理事長は遥を見た。 「そうだ、来週、学会と視察でフランスへ行くんだ。パリで1日スケジュールが空いたから、よければ遥くんのお母様にご挨拶に行きたいのだけど、ご都合はいかがだろうか」 「わーい! 喜ぶと思います。ただ、ウチはムランっていう、東京から見た横浜くらいの場所で、フォンテーヌブローの森の近くにあるんですけど……」 それでも頷いた理事長に、遥は喜んで母親へ連絡を取り、メモを書いた。 「はるかちゃんの、ママにあうためにっ! せんせーいは、ひこうきにのるの! ほんとうはしごと、がっかいとしさつのついで、それでもうれしいのーん!」  日曜日、遥は母親が好きな温泉風入浴剤の詰め合わせを託し、出かける理事長を家の前まで見送った。 「遥くんが元気にしていることや、毎日しっかり勉強していること、しっかりお母様に伝えるからね」 「はい、お願いします。ママンもお会いできるのが楽しみですって言ってます」 「気を付けて」 素っ気ない見送りをする稜而にも穏やかな笑顔を向け、理事長は黒塗りの理事長車で出かけて行った。 「さて。それではかねてからの懸案事項を解決するために、実験を開始しようか」  車を見送った稜而の言葉に、遥は両手を胸の前で組み、ミルクティ色の髪を振った。 「あーん! どきどきなのーん!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!