30 / 166

第30話

「遥ちゃんね、キャラ弁は無理だけど、タコさんウィンナーは作れるの。はい、あーん!」 予備校の食堂で、遥は箸で摘まんだタコさんウィンナーを建志の口へぐいぐいと押し付ける。 「な、何だよ? タコさんウィンナー? 見えねぇよ!」 身を引いて遥の箸先にいる赤いタコさんウィンナーを見て、それから口を開けると、遥が口の中へタコさんウィンナーを入れた。 「予め切れ目が入ってて、焼くだけでタコさんウィンナーになる商品がスーパーで売られてたのー! 遥ちゃんびっくりーん!」 「焼いただけ?」 「でも、愛を込めて焼いたわーん! やいてやいてやいて、やいてやいてやいて、やいてやいてやいて、さまして、さまして、さまして、つめーるぅぅぅぅ!」 歌いながら論の口にもタコさんウィンナーを押し込み、論は俯いてタコさんウィンナーを食べた。 「料理褒めてやろうと思ったのに、褒めどころがねぇな」 「料理は愛情よーん! 稜而は『遥が弁当を用意してくれるだけで充分に嬉しいから、無理はするな』って言うのーん!」 「ふうん」 建志はうどんのどんぶりの上に顔を出し、一気に啜りながら生返事をした。 「優しい彼氏だね」  遥の隣に座って、そばを食べていた論の言葉に、遥は若草色の目を丸くする。 「彼氏? ……やーん、彼氏っ?! 稜而って彼氏? やーん、論くんったらぁ! 玉子焼きも食べるぅ? 里芋のそぼろ煮もあげちゃう!」 遥は弁当箱の蓋におかずをのせて、論に向けて差し出した。  それから携帯を取り出して両手でしっかり持つと、画面を見つめ、天井を見上げて深呼吸をし、もう一度携帯の画面を見て、また天井を見上げて深呼吸してから、文字を入力した。 「あーん、どうしよう。でも直接訊くほうがいいかな。でもでも顔見たら訊けないかもなの。今、稜而は仕事中だからメールも迷惑かもだし。帰ったら訊けばいいんだけど、どーしよー!」 携帯を両手で握りしめて、頭をぶんぶんと左右に振っていたら、携帯が小さく鳴動した。 「ひゃあんっ!」  通話ボタンを押して耳にあてると、向こうから稜而の声が聞こえた。 「ごちそうさま。今日も美味しかった」 「あーん、稜而ぃ!」 遥は両足の先でぱたぱたと床を蹴りながら、肩を左右に揺らした。 「今日は昼に休憩をとれたから、直接礼を言おうと思った。ありがとう」 「ど、……どういたしまして、なの……ん」 携帯を宝物のように両手で支えながら、遥は小さな声で礼を言った。 「元気がないな。どうした?」 「えっと。……あーん、どーしよーなの。……質問、なんだ……けどぉ……」 「いいぞ」 「稜而って、遥の……彼氏……? あーん、何でもないの。勘違い! 言い間違い! 聞き間違いなの!」 「全部」 「え?」 「遥がくれるポジションなら、何でも。彼氏でも、友達でも、恋人でも、当てはまるものは何でも全部、俺がもらう」 「全部……」 遥はひゃあっと小さな悲鳴を上げると、そのまま隣に座る論の膝の上へ倒れ込んだ。  午後の授業はいつもよりきつく髪を結って、実用一点張りのウェリントンフレームの眼鏡もしっかり掛けて臨んだ。  それでも休憩時間になると、遥は隣の椅子の上に倒れ込み、蛍光灯が並ぶ天井を見上げてぼんやりした。 「彼氏と、恋人と、友達と、親友と、セックスパートナーと……。お兄さんも。……あーん、旦那? 夫? それは早すぎ? 考えすぎ? でも遥があげるなら、そのポジションもいいの? 稜而の妻、なのーん……? ホントに妻なの? ……うあーっ!!!」 勢いよく起き上がって机の角に額をぶつけ、また椅子の上に倒れ込んだ。 「痛ったぁい! 脳細胞死ぬ!」  そのときまた携帯が鳴動し、メールの着信があって、遥は差出人を見て気軽に開く。 「はーい、おはようママン。愛してるよーん。あなたのラフィは今日も元気ー!」  フランス語の羅列へ素早く目を走らせ、遥は「Whaou(ワオ)!」と声を上げて、また机の裏側に頭をぶつけた。 「痛いのーん。大学受験、失敗したらどーしよーん!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!