40 / 185

第40話

 冷蔵庫で冷やしたタネを、バッター液に絡め、生パン粉をまぶして、熱した油の中へそっと滑らせる。すぐに菜箸で触りたくなるのを我慢する。 「遥ちゃんはせっかちで、何でも早く早くって思っちゃうから、揚げ物のときは気をつけないといけないのん。……まーつーの、はるかちゃん、まーつーの。たとえおなかーが、すいてたとしてーも! まつのー、まつのー、さわらないで、まーつーのー!」 歌いながら待ち、時折裏返してきつね色になったタイミングで引き上げる。  キッチンペーパーに触れさせて、油を吸い取ってから、網の上に並べていく。 「あれっ? 一個足りなくなくないなくなくなーい?」 「あっっっつ!!!」 振り返ると、キッチンスツールに腰掛けて、稜而が揚げたてのコロッケを頬張り、はふはふと天井に向かって息を吐いていた。 「ふはひ(うまい)!」 「あーん、いつの間に! イリュージョンなのーん!」  遥が唇を尖らせると、稜而がやって来て、その唇にキスをしてなだめるくせに、もう一つ揚げたてを失敬していく。   「ディナーのときにお腹いっぱいで食べられなくなっちゃうんだから!」 「コロッケは別腹」 「うっそーん。人間の胃はひとつなのーん!」 「遥だって、チョコレートは別腹のくせに」 「チョコレートの一個と、コロッケの一個は、大きさが全然違うのん!」 言い合う間に、稜而は二つ目のコロッケも食べてしまい、三つ目のコロッケへ視線を送る。 「これ以上はダメ。お夕飯のときに、皆さんご一緒にいただきますってするのん!」 遥はコロッケを背中にかばった。  稜而が内線で連絡すると、理事長は軽やかな足取りで階段を上がってきて、ダイニングテーブルへついた。 「うん、美味しい。とても美味しい。遥くんは料理が上手なんだね」 遥の腕前を笑顔で褒めながら、理事長も飲み物のようにコロッケを食べる。 「お、親子なのん……」  ポトフを食べるのを忘れて、コロッケが消えていく様子を眺めていると、理事長が稜而と同じ形をした目を細め、照れくさそうに笑った。 「どういう訳か、先祖代々コロッケが好きでね。私のお祖父さんはとても長生きだったけど、長生きの秘訣を訊かれるたびに『コロッケだけは我慢しないと決めて、存分に食べているからです』って答えていたくらいなんだ。九十九歳まで生きたよ」 「ご長寿さんなのーん」 「その息子にあたる俺のお祖父さんは、コロッケを食べながら『ああ、コロッケを食べたいなぁ』って言っていたからな」 隣で絶え間なくコロッケを食べ続けていた稜而が笑う。 「どういうことなのん?」 「コロッケを食べながら、コロッケのことを考えて、コロッケを食べたくなるんだって言ってた」 「ふ、複雑なのん……」 戸惑う遥に、理事長は手を広げて見せた。 「私は一日五食コロッケを食べたい」 「五食?」 理事長は広げていた手の指を一本ずつ折って数える。 「朝食・昼食・おやつ・夕食・夜食」 「だ、大好き過ぎるのん……」 「フランスでパティさんにもコロッケの話をしたけど、やっぱり『大好き過ぎる』と言われたよ。親子だね」 「親子でなくても、同じことを言うと思うのよー……」  コロッケがひとつもなくなって、ようやくポトフの皿にスプーンを差し入れながら、稜而が質問した。 「遥のお母様って、遥と似てる?」 「遥ちゃん、ハーフだからわかりにくいけど、実は父親似なのん。髪と目を黒くしたら、パパにそっくりなのん」 遥の言葉に理事長はゆっくりと深く頷いた。 「遥くんは、お父様によく似ているね。パティさんには観光も食事も付き合ってもらって、アルバムも見せてもらいながら、いろんなことを話した。何度も何度も、遥くんのことをとても愛していて、心配してると言っていたよ」 「あーん、ホームシックになっちゃうのー……。遥ちゃんもママンのこと、愛してるのよー」 「なるべく長く休暇を取って、十二月上旬にも日本へ来ると言っていた。我が家に滞在してもらうように頼んであるから、休暇中はずっと一緒にいられると思うよ」 「ママンに、一緒に病院の天窓を見に行こうって、言ってみるのん……」  遥の呟きに、理事長と稜而はよく似た微笑みを浮かべて頷いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!