41 / 166

第41話

 遥はぱっちりと目を開けて、寝室の天井と、カーテンの隙間から差し込む青い光、深い寝息を立てている稜而の横顔を見た。 「目が覚めちゃったのん……」  かぱっと起き上がると、怪獣の足型のスリッパを履き、ローゲージのロングカーディガンを羽織ってキッチンへ行った。 「あーさからはるかはげんきー! きゅーとなひっぷをふ・り・ふ・り!」  いい加減な歌を歌い、尻を振って踊りつつ、コーヒーショップで買った蓋つきのタンブラーにインスタントコーヒーを淹れ、バルコニーへ出る。  目の前のタイサンボクは、冬になっても艶と厚みのある大きな葉を茂らせているが、庭の木々の大半は葉を落とし、それぞれに特徴のある枝や幹を見せて、青白い光の中で静かにしていた。 「カムチャッカからバトンタッチされた朝を、遥ちゃんが独り占めなのん」  紺碧が残る空がだんだんに透きとおり、ほんのり赤みが差してきた頃、毛布を羽織った稜而に背後から包み込まれた。 「せっかくママンと会える日なのに、風邪ひくぞ」 ぴたりと頬をくっつけられた。 「稜而のほっぺ、熱々なのん」 「遥の頬が冷たいんだ。唇も冷えてるだろう?」 顎を掴んで振り向かされて、唇で唇の温度が確かめられ、そのまま舌と唇で温もりを与えられた。  遥は稜而の温かい唇と舌を口の中でよく味わってから、目を開けた。 「キャベツ。愛してるのん」 「Ma chenille(シュニーユ=芋虫)。愛してる」  遥に習った単語を口にして、冷えたバラ色の頬にキスをした。遥は不意に目を伏せる。ミルクティ色の睫毛が目元に影を落とした。 「……オレ、ママンには自分がゲイだって話してないんだ。心配させたくない」 「わかった」 「稜而のこと、恋人って紹介したい気持ちは山々なんだけど……。ごめん」 「お互い様だろ」  二人は笑顔のないまま視線を合わせ、静かに唇を重ねた。 「じゃじゃーん! ウェルカムボード! ようこそにっぽんへー、くっくくっくー、はるかのおかあさんー!」  空港の国際線の到着ロビーで、遥が取り出したいつものクロッキー帳には、『PATRICIA!!!』と書いてあり、その文字の周りを花や風船や紙吹雪、クリスマスツリーや星やリボンなどの賑やかなイラストで飾ってあった。 「必ず、ママンは喜んでくれるのん!」 「そうだね、パティさんは必ず喜んでくれる。遥くんは思い切りのいい絵を描くね、このクリスマスツリーの飾りつけはとても賑やかで、遥くんのパティさんを歓迎する楽しい気持ちが伝わってくるよ。素晴らしい」 理事長は、稜而と同じ形をした目を細めて頷いた。  ゲートから人が出てくるたびに、待っている人たちは期待を込めた目で伸び上がり、違うとわかると踵を床につけて、次の人を待った。  遥も同じことを繰り返した。 「あーん、遅いのーん……」 「入国審査が混んでいるんじゃないか」 周囲の人と同じ会話を数回繰り返して、そろそろ景色を見回すのも飽きた頃、理事長が声を上げて、手を振った。 「あ、パティさんだ!」 「先生、見つけるのが早いのん」 母親はプラチナブロンドのボブカットを揺らし、空色の瞳を細めて、手を振る理事長へ細い手を振り返していた。  母親はスーツケースを押しながらどんどん歩いてくると、両手を大きく広げ、ぎゅうっと遥を抱きしめた。 「ラフィ! 会いたかったわ!」  深呼吸したくなる爽やかなハーブの香りを嗅ぎ取って、遥は母親を抱き締め返した。 「ママン、長旅お疲れ様!」 二人は左右交互に頬を触れさせ、口の中でキスの音を立てたが、稜而と理事長が一緒に目を細めて見守っているのに気づくと、自分の頬を両手で挟んだ。 「あーん、遥ちゃんも年頃の息子だから、母親にハグされるのは照れくさいのん」 「そんなふうには見えないけどな」 「そういうふうに見るの! 遥ちゃんだって、半分は日本男児なんだから!」  話している間に、理事長が母親とハグをして、左右の頬を触れ合わせながらキスの音を立てていた。 「先生の方が堂々としてるのん」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!