45 / 185

第45話*

「ふう。いいお湯だったのーん」 遥は前髪をパイナップルの葉のように結って、額にできた小さなニキビに気をつけつつ、化粧水をパッティングしながら、バスルームから出てきた。  怪獣の足型のスリッパを履いた足が前後するたびに、バスローブの裾が翻って、稜而の目はちらりと動く。 「ホットココアとアイスココア、どっちがいい?」 「お腹痛くなるとやーんだから、ホットココアがいいです、稜而先生っ!」  言いながら遥はキッチンの食品棚の前へ行く。 「♪ はーるかちゃんが、はーるかちゃんが、はーるかちゃんが、みーつけた! ちいさいチョコ、ちいさいチョコ、ちいさいチョコ、みーつけた! ♪」 『♡はるかのおやつばこ♡ はるかいがいのひとがたべたらよなかにかんちょーされるからちゅうい! たべたらはみがき!』と書いてある箱からアルファベットチョコレートを大切そうに一粒だけ取り出して、るんたった、るんたったと回り込んで、キッチンカウンターの椅子に座った。 「お前、またチョコレートを食べながら、ココアを飲むつもりか!」 小鍋でココアパウダーを練り上げ、少しずつ牛乳を足してかき混ぜながら、稜而は大げさに溜息をつく。 「♪ チョーコレートをたべて、コーコアをのんで、たーべてものんでも、カカオがしーみーるー! ♪ 食べ物も飲み物もチョコレートだなんて、超、超、幸せなのーん! でも、ニキビができちゃってるから、一つだけで我慢なのよー」 「そんなに好きか?」 「だいすきー!」  できあがったココアを二つのマグカップに注いで、稜而も回り込んで遥の隣に座った。 「俺とどっちが好き?」 肩をぶつけ、触れた肩にどんどん体重を掛けながら訊くと、遥はくすぐったそうに笑った。 「だめなのよぅ、そういう意地悪な質問は! どっちも食べ物だけど、稜而は繰り返し食べられる世界で一人だけの大事な食べ物なの! チョコレートは一度食べたらなくなるけど、世界中に何個もあるの。別物なのよー!」 「まあまあ、いいだろう。飲んでよし」 稜而は多く入っている方のマグカップを遥へ差し出した。 「うふーん。ありがとなのーん」 隣の椅子に座った稜而の頬にキスをして、遥は両手で持ち上げたマグカップのふちに口をつけた。 「はあーん、おいしいのーん! 稜而が作るココアは幸せの味なのよー!」 「こうやって褒めて伸ばす方式で、少しずつ躾けられていくんだな」 「うふふ。遥ちゃんは、女王様なのよー! 仮面をつけて、網タイツとピンヒール履いて、ぴしーっ、ぴしーっ、女王様とお呼びーってして、稜而は遥ちゃんの足を舐めながら、おしおきしてくださいーってするのん」 「よく言うよ。いつも俺に意地悪してってお願いするくせに」 稜而はココアを飲みながら笑う。 「やーん。今から遥ちゃんが女王様よー! きーまったっ! さあ稜而、女王様の足を舐めなさーい」  遥がスリッパを脱いで、裸足の足を稜而の膝の上に乗せた。 「ふうん」 稜而は片頬を上げ、マグカップをテーブルに置くと、その細い足首をぐっと掴んだ。 「こちょこちょはいやーん!」  遥がくすくす笑いながら身をよじって防御する。稜而はそんな遥の態度を無視して、真面目な顔のまま椅子を下り、床に片膝をついて、遥のつま先にキスをした。 「あっ、りょ、りょうじ……」  稜而は何も言わず、舌を出すと足の親指を舐め、続けて口に含んだ。 「く、くすぐったいのよ……」 親指に舌を絡ませ、軽く歯を立て、また舌を這わせてしゃぶる。 「あ、や、やーん……。待って、待って。くすぐった……い……。はあんっ!」 ベッドの上であげるような声を出して、遥は両手で自分の口を塞ぎ、首を左右に大きく振った。 「どうした、遥?」 「えっちなのー。えっちな声が出ちゃったー。知らない扉が開いちゃうのーん!」 「開けておけ」 事もなげに言って、稜而は再び遥の足の指を口に含む。 「ひっ、ひゃっ、ひゃあっ……。やめて、あっ、ン……っ! ああんっ」  くすぐったさが官能に変化し、遥の身体に甘い痺れを引き起こす。遥はテーブルに縋りついて、声を上げた。  稜而は足の指を一本ずつすべて口に含み、舌を這わせると、足の裏へ舌を這わせ、踵をそっと甘噛みする。 「あああんっ、だめ、だめなの、稜而。稜而! あああああっ」 遥が身体を震わせると、稜而はようやく口を離した。 「いった?」 「知らないっ」 拗ねた声に、稜而は片頬を上げて、くるぶしへ唇を触れさせると、ふくらはぎ、太腿の内側へ舌を這わせていく。 「あ、ン……」  足の付け根まで辿ると、内側の皮膚の一番薄い場所を吸い上げた。 「痛っ」 遥が声を上げたときには、内出血が起きていた。  そのままトリミングされている肌の上へ唇を滑らせ、上向いているものをゆっくりと舐め上げる。 「ああ、稜而……」 はあっと悩まし気な息を吐いて、遥は天井を見上げる。  稜而は遥の高まりをゆっくり口に含み、唇の輪と緩めた舌で上下に扱いた。 「はあっ、はあっ、気持ち……いい……。稜而……」 さらに茎を手で握って扱き、先端の輪郭を尖らせた舌で辿って、小さな穴へ舌先を立てる。さらにぐるぐると笠の縁を辿っていると、口の中へさらさらとした液体が溢れてくる。 「んっ、んーっ、稜而、稜而、もう……」 身体を震わせる遥の腰を腕に抱きながら、稜而はさらに扱く手を強め、遥をしっかりと追い詰めた。 「出ちゃうっ、出ちゃうのっ、稜而!」  ぐりっと扱き上げた瞬間、遥は腰を跳ね上げた。 「あああああっ!」 稜而の口の中は澄んだプールの匂いに満たされ、パイナップルのような刺激のある味が広がった。 「もうっ、もうっ……。女王様になるの、気持ちよすぎるのん……」 遥は天井に向かって呟いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!