23 / 168

第23話

彼らが去ったあと希一は馬のアサギリを洗い場へと連れていき手入れをする。 「アサ、お疲れさま。」 声をかけながら丁寧に手入れをしブラッシングをしていく。 「お疲れ、九条。」 「佐久間部長!!お疲れさまです。」 そこへ馬術部の部長、佐久間俊(さくましゅん)がやって来た。 彼は昨年馬術の大会で優勝した経験がある。 因みにαだ。 「それにしても君、会長に気に入られちゃって大変だね。」 「気に入られ……なんですかそれ?」 「あら?無自覚…… ははっ、あのナルシストでプライドの高い彼がこれじゃ形なしじゃん笑える。」 「???」 何の話をしているのか分からず困っていると彼はそれともう一つ、と唇に人差し指を当てこういった。 「君、気づいてないようだけどフェロモン漏れてるから誰かに噛まれないうちに首輪でも つけといた方が良いよ。」 「え、嘘‼」 「ほんと。 Ωはいつでも多少はフェロモン発してるからね。 まぁαにしか分かんないけどここはα多いからね。」 気づかなかった。 父もそんなこと言ってたような気がするが忘れた。 佐久間は笑ってまぁ頑張ってと言って行ってしまった。 碧が希一に気があることは端から見ていて明らかである。 なのに当の希一は全く気づいていない。 あの俺様気質で有名な彼が一年生相手に振り回されている。 これほどまでに面白いことがあるだろうか? 「ほんと、おもしれー。 なぁユキチ。」 そう、目の前の馬に話しかける佐久間。 馬のユキチは当然の如く何のことか分からない様子だが……

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

好きになった人は、××だった
...157
121話 / 154,081文字 / 416
2018/4/29 更新
数学教師の江藤とちょっと面倒な生徒晴斗の秘密の恋
1
5話 / 3,923文字 / 20
2018/4/4 更新
男同士の全寮制ラブ。腐(ゲス)男子×不良くん固定の、○○×不良くん。
...320
111話 / 245,450文字 / 216
8/16 更新
ヤンキー君と王子様の、焦れったい恋の物語
10
4話 / 6,726文字 / 20
9/6 更新
好きだった親友αが結婚することになった。
幼なじみの親友に片思いするこじらせ高校生・真島のひと夏の物語。
...363
153話 / 250,993文字 / 217
9/10 更新