25 / 167

第25話

佐久間から指摘されたフェロモン Ωは望まない番にならないようにと それを防ぐ首輪をつける者もいるらしいが 正直、それは窮屈だし人として 扱ってもらえて無いようで嫌いだ でも、身の安全を考えるとやっぱり 必要なのだろうか……? 陽介と食堂で適当な席に着きながら 彼に相談すると 「そうだな…… ま、お前が嫌ならする必要ねぇんじゃねぇ? なるべく俺が傍にいるようにするし」 「でもそれ陽介に迷惑かかる」 「だぁから気にすんなって」 そう話していると突然人がやってきて見上げると 希一は驚いた 「碧さん どうしたんですか?」 そこにやって来たのは碧だった それと見慣れない男性も一緒にいる 「初めまして 私、碧様の側近の志木雫と言います 以後お見知り置きを」 「は、初めまして……九条希一です」 いきなり現れた彼らに食堂全体がざわついた 無理もない、食堂に彼が来るなんて そうそうないことだろうから 「食堂に来るなんてどうしたんですか?」 碧が言っていた ここに来ると周りが鬱陶しくて 食事もままならないから昼は生徒会室で 夕飯は寮の部屋で食べていると 一度一緒に食べるかと碧を誘ったときに そう言っていたから今日はどうしたのだろうかと思った 「いや、たまにはいいかと…… いいだろ、親戚なんだし 文句あるか?」 希一はクスッと笑って、いいえと答えた 雫にバレた以上こそこそするのもおかしい だったら堂々と希一に会ってしまえばいいと思った
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!