25 / 168

第25話

佐久間から指摘されたフェロモン。 Ωは望まない番にならないようにとそれを防ぐ首輪をつける者もいるらしいが正直それは窮屈だし、人として扱ってもらえて無いようで嫌いだ。 でも、身の安全を考えるとやっぱり必要なのだろうか……? 陽介と食堂で適当な席に着きながら彼に相談すると 「そうだな…… ま、お前が嫌ならする必要ねぇんじゃねぇ? なるべく俺が傍にいるようにするし。」 「でもそれ陽介に迷惑かかる。」 「だぁから気にすんなって。」 そう話していると突然人がやってきて見上げると希一は驚いた。 「碧さん‼ どうしたんですか?」 そこにやって来たのは碧だった。 それと見慣れない男性も一緒にいる。 「初めまして。 私、碧様の側近の志木雫と言います。 以後お見知り置きを。」 「は、初めまして……九条希一です。」 いきなり現れた彼らに食堂全体がざわついた。 無理もない。 食堂に彼が来るなんてそうそうないことだろうから。 「食堂に来るなんてどうしたんですか?」 碧が言っていた。 ここに来ると周りが鬱陶しくて食事もままならないから昼は生徒会室で夕飯は寮の部屋で食べていると。 一度一緒に食べるかと碧を誘ったときにそう言っていたから今日はどうしたのだろうかと思った。 「いや、たまにはいいかと…… いいだろ、親戚なんだし。 文句あるか?」 希一はクスッと笑って、いいえと答えた。 雫にバレた以上こそこそするのもおかしい。 だったら堂々と希一に会ってしまえばいいと思った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

連載中
Dear
厨二病大爆発の異世界ファンタジーBL
馬鹿なことを言っては彼女にフラれる親友が、度を越す馬鹿を思い付いた。次に狙うのは俺のお尻!?
62
93
103
68
7
45
47話 / 47,552文字
2017/11/25 更新
オメガバース。恋人の雅己とのことで悩む慎吾の前に現れたのはオッサン天使で……。
7
14
7
23
13
5話 / 18,500文字 / 445
2017/9/16 更新
小心者な主人公・海里がとある声の王子様と出逢い、不眠症を克服していくピュアラブストーリー。
49
1
64
36
19
16
51話 / 21,421文字 / 244
2017/11/14 更新
怪異によって惹かれあう二人
397
8
58
38
9
17
259話 / 137,444文字 / 143
2018/11/28 更新
獣人×呪いでオメガ化した騎士団長
355
20
91
131
92
151
24話 / 23,448文字 / 744
3/31 更新