30 / 168

第30話

「おはようございます碧様。」 「ああ。」 「随分ご機嫌ですね。 昨日希一様と食事出来たからですか? 単純ですね。」 「うるさい、黙ってろ。」 碧の一日は雫の作る料理と彼の入れる紅茶と、ついでに雫からの毒舌で始まる、 朝食の後は着替えを済ましまずは生徒会室へ向かう、 「おはよう諸君、」 「おはようございます、」 何時ものように会長の席へ座る碧、 すると生徒会メンバーの一人がこんなことを言い出した、 「あの会長、昨日Ωの1年生と夕飯を共にしていたようですが凄い噂になってますよ?」 「何?」 「Ω自体少ない上に今この学校にはその1年生しかいないので結構噂になっているようですし、ましてや会長がΩと一緒にいるとなると凄く目立ちますので。」 今やΩの希一の存在は学校中に広まっている。 それほどまでに珍しい存在。 碧は少々渋い顔をした。 この学校はαが多い。 Ωがいることをよく思わない奴も中にはいる。 希一に何かあっては困る。 何か対処しなければ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!