35 / 168

第35話

この日も陽介と夕食を食べる。 「ねぇ陽介、この後保健室に行きたいから着いてきてほしいんだけど。」 「保健室?」 「うん、そろそろ発情期だから…… 保健室までの道分かんないし……」 「ああ、そう言うこと…… いいぜ。」 「ごめんね、ありがとう」 3ヶ月に一度やって来る発情期。 これは発情を抑制する注射で抑えることが出来るが自分で注射を打つことは出来ないので病院や保健室で打ってもらっている。 しかし希一はそれが憂鬱だった。 別に抑制剤で発情は抑えられるからそれはいい 憂鬱なのは他に理由があった。 「失礼します。」 「はい、どうぞ。」 この学校には二人の養護教諭がいる。 一人は男性、もう一人は女性。 それぞれ同性の生徒を診ることとなっているから希一が来たのは男性の教諭のところ。 「どうしました?」 眼鏡をかけた優しそうな三十代後半位の男性。 「あの、発情抑制剤を……」 「ああ、君が九条希一君か。 話は聞いているよ。 さぁおいで。」 先生は希一を椅子に座らせる。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
夏祭り
付き合いだして初めてのデートイベント発生・・・・・・だったんだけど。
8リアクション
7話 / 9,989文字 / 4
2017/7/8 更新
ヤンデレな親友に徐々に追いつめられる気弱な主人公の話。
4,231リアクション
100話 / 152,663文字 / 2,302
2018/6/13 更新
連載中
Ωの箱庭
『オメガの巣作り』話のまとめ。短編集。
1,199リアクション
69話 / 55,296文字 / 283
7/24 更新
「身体は覚えているでしょ?一颯(イブキ)俺の元へ戻っておいで…」
112リアクション
18話 / 15,755文字 / 140
2/19 更新
サイコパス変態×ゲテモノ系訳あり人間の変態学園物語
5リアクション
5話 / 6,735文字 / 38
7/30 更新
愛しいということ。それを全て僕はここに置いて行く。それでも――。狼α×白兎Ω。視覚障害描写あり。
561リアクション
21話 / 29,509文字 / 780
3/21 更新