36 / 168

第36話

Ωの事は彼も聞いているようで早速先生がテキパキと抑制剤の注射器を取り出した。 「君は副作用が出るみたいだね。」 「はい……」 「副作用?」 隣で見ている陽介が聞いてくる。 「たまにね、頭痛やめまいと言った副作用が現れるΩも中にはいるんだ。 酷い人だと2~3日寝込む人もいてね。」 「俺は1日で何とか収まるからまだマシかな?」 そう、希一が憂鬱だったのは副作用だ。 頭痛やめまいで1日動けなくなるからきっと陽介にも迷惑がかかる。 それが不安で仕方がない。 「それじゃはい、腕出して。」 そう言われてブレザーを脱いで左腕のシャツの袖を捲り上げる。 消毒をし、注射器が希一の腕に刺さりゆっくりと抑制剤を流し込んでいく。 「はい、終わったよ。」 「ありがとうございました。」 「何かあったらすぐ言ってね。」 その後寮に戻り風呂に入って宿題をする。 副作用のせいか何だか気分が悪くなってきた気がする。 その為今日は早めにベッドに入った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

年上の恋人が運命の番と出会ってしまった……。じゃぁ、俺はどうなるの?
4
16
22
5
17
6話 / 6,999文字 / 185
2017/3/26 更新
ワケあり猫人間×人間の切ない純愛物語。
14
34
5
13
42話 / 26,483文字 / 40
2018/7/27 更新
恋人に好きだと伝えたい、口下手ネガティブ男の夏休み。
2
12
3
4話 / 7,082文字 / 45
2017/8/14 更新
無表情×クソビッチ
9
4
7
2
1
69話 / 60,217文字 / 78
5/31 更新
好きな声がある。 ネット上の声だけれど。 それでも好きな声だった。
69
1
9
2
41話 / 33,566文字 / 0
3/9 更新
完結
GB
影の薄い主人公が周囲に流される
4
3
1
1
2話 / 9,532文字 / 10
1/6 更新