29 / 35

第29話 ○○○たいですか?

「とにかく明日、朝一緒に登校するからな。いつもの5分前に改札の外で待ってろ」 約束を一方的に取り付けられて、更に護衛を一人付けられて、俺はようやく解放された。 変なの、と思ったけどやっぱり逆らえなかった。 しかも、護衛に名乗り出た人がやたらにノリノリで……。 「柴藤君は、男性の受け入れ方を知っていますか?」 ………なんか、変なこと言いだした……。 「え…と、きぅちょう?」 「僕ならそれを書面で伝えることができますが」 眼鏡をクイ、と指で押し上げ、「クラス委員長です」と訂正される。 「あ、ごめん。前の学校ではきぅちょうだったから…」 「なるほど。君は転入生でしたね」 「えと、それで…あの……?」 「まあ、こちらへどうぞ」 背中に手を添えエスコートされて、図書室へ連れて行かれた。 級長は黒縁眼鏡に黒髪、一見真面目で地味な人に見えるけど、良く見ると背もスラッと高いし容姿も整ってるし……勉強ができて綺麗な見た目。 図書室で勉強をしていた真面目そうな女の子たちが、チラチラと級長の姿を窺ってる。 結構モテるんじゃないかなぁ、級長。 だけど級長はそんな女の子たちの熱い視線もお構いなしで、中庭に面した陰のスペースに身を潜めた。 向かい側に座ろうとすると、隣へどうぞと導かれる。 「えと、じゃあ、失礼します」 腰を下ろすと、級長にピタッと身を寄せられた。 「あのぉ……?」 「図書室内は私語厳禁なので、小声で話します。少し近いですが、余り気にしないでください」 「は、はぁ…」 「と言うか、君は羽崎君の恋人なのだから、僕のことなど意識しないでください」 「……はい…」 「では改めて質問です」 級長はキリッと表情を引き締めると、更に声音を抑え、耳元に口を近づけてきた。 「柴藤君。君は羽崎君に、抱かれたいですか?」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!