30 / 35

第30話 運命です

「紫藤君は、最終的には 羽崎君に抱かれたいんですよね?」 矢鱈と真面目な顔で、そう訊かれた。 抱かれるって……… 朝のあれは抜いてくれたってだけで、一方的だったから受け身っぽくなっちゃったけど、俺からもしてたら友達同士でやる抜き合いっこみたいな……。 きっとみんな、友達とそういうコトしてるんだよねぇ? 俺は友達いなかったから、他にそういう経験ある訳じゃないけど。 だから、斗織に触ってもらってすごく気持ちよかったけど、それは別に抱かれたいからって事じゃなくて……… 「キスはもう、相当数こなしているんですよね?」 「えっ、そっ!?そんなこと───」 「紫藤君、図書室です」 注意されて、慌てて声を潜める。 「あっ、あのっ、でも俺、斗織とは話したのも昨日が初めてで…っ」 「それでは運命ですね!」 小さな声ながらも興奮しているのが丸わかりのテンションで、級長に手を握られた。 「う、運命……?」 「ええ!君たち2人からは、初々しさを感じさせながらも、互いを想いやっている様子が手に取るよう、(つぶさ)に伝わってきます。とても、昨日今日の関係じゃない」 「えと……男同士気が合ったら、そういう事もあるんじゃないかなぁ?」 このままじゃ恋愛事に結び付けられそうで、そっと訂正を入れてみる。 「僕は友達同士でキスなどしません」 「あ、それは、友達じゃなくて付き合ってるから」 「ええ。だからそこから、話を進めましょう」 級長は俺の手を放すと、人差し指でメガネのブリッジを押し上げながら、フッと笑った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!