31 / 192

第31話 精神分析官

付き合うことになったきっかけは? 初めてキスをしたのは? そういう事を幾つも訊かれて、きっと話すまで許してもらえないんだろうな、って理解して、仕方なく全部正直に喋った。 「それでは、検証に入ります」 「はい……」 よく分からないけど、真剣な顔でそう言われたから真剣な顔で返す。 「初めてキスされた時はどうでしたか?」 「えっ…とぉ……、ちょっと乱暴にされたから文句を言ったら、すぐに優しくし直してくれました」 「君は、嫌ではありませんでしたか?」 「イヤじゃなかったです」 一体なんの検証をしてるんだろう? なんだか、心理テストみたい。 …ん?じゃなくて、精神分析? 「今朝、羽崎君に触られた時はどうでしたか?」 また、嫌ではなかったかと訊かれたから、首を横に振る。 「お兄さんに痴漢されてた時も、この手が斗織だったらって思ってて……。だから本当に触られた時は、きもちよ過ぎて腰砕けになっちゃいました」 「そうですか」 級長、なんだか心理カウンセラーの先生みたい。 ついつい要らないことまで喋り過ぎちゃう。 「では、最後に。羽崎君の股間について、どの様に感じますか?」 「こ…かん……?」 甚く真面目な顔をしているから、ふざけてる訳じゃないと思う。 それに、そんな風にシモネタでフザケる人には見えないし。 だから俺も、真面目に答えなくちゃだろう。 斗織の…股間……… 「え、と……、おっきかったです…」 「もう確認済みですか?」 「あっ、ちがくて!昼休みにっ、膝枕の時にズボンの上からでも分かって!」 「紫藤君、図書館です」 「ぁっ…、すみません……」 思わず興奮しちゃったのは俺だけで、級長は相変わらずクールな顔で分析を続けている。 「それで?」 「あっ、…うん、……俺の、斗織のみたいにおっきくないから、恥ずかしいなって……思いました」 「なるほど。分かりました」 分析結果が出たのか、級長はやがて徐ろに立ち上がり、ついてくるようにと俺を促した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!