13 / 351

 ―― 聖夜と生クリーム味の……(12)

 あっと言う間に、カルボナーラとサラダが出来上がって、食卓に向かい合わせに座る。 「あ、そうだ。ワインでも開けようか」  透さんがそう言って立ち上がりかけた。 「あ……」  ―― 未成年なんです…… って言いかけてやめた。だって、家でも合コンとかでも、既に飲んでたりしてるし……。 「ん?お酒飲めなかった?」  だけど透さんに、そう訊かれてしまうと、素直に白状してしまう。 「あ、いえ、まだ18歳だからと一瞬思ったんだけど…… でも家でも飲んだりしてるんで、大丈夫です」  結構強い方だと思うし、うん…… ワインも大好きだし……。 「へぇ、そうなんだ。大学生だよね?何月生まれなの?」 「3月31日なんですよ」  生まれるのが、あと2日遅かったら、まだ高校生だったんだ。 「そうかー、じゃぁ、未成年だからお酒はお預けだな。残念だね……」  透さんはそう言って、悪戯っぽく笑う。 「ええええっ!いや!大丈夫ですからぁ、ワイン開けようかって話が出たら、飲みたくなっちゃうよ」  そう言いながら、慌てる俺を見て、透さんが爆笑してる……。 「あはは。 直くんは可愛いな。じゃあ、少しだけ……  ね?」  と、笑いながらグラスにワインを注いでくれた。 「透さん、笑いすぎ……」  目に涙浮かべて笑ってるんだもん。絶対に、子供扱いしてるよなー。 「ごめんごめん、じゃ乾杯しよう」  お互いのグラスを傾けて、 「乾杯!」  今日初めて会話した透さんと、こうして二人でクリスマスイブを過ごすのって、なんか不思議な気分だ。  料理は凄く美味しくて、ワインも美味しくて、俺は、あんまり飲んじゃだめだよって言われたのに、一気に飲み干してしまったりして。  …… ちょっとだけ、いい気分でポワンとしてる。  透さんは聞き上手で、食事してる間も俺のくだらない話を、「うん、うん」と頷きながら、訊いてくれた。  暖かい笑顔、柔らかい物腰。  今日初めて知り合ったと言うのに、昔からの友達のような、兄貴のような…… 最初の緊張はすっかり解れて、居心地が良くて、時間の経つのを忘れて話し込んだ。  食事の後、映画でも観ながらケーキを食べようって事になって、場所を食卓からリビングのソファーに移動した。  俺はソファーに座っていて、透さんは、ソファーとローテーブルの間に座って、小さめのホールケーキを切り分ける。 「一人二切れ食べれるね」  そう言いながら、とりあえず一切れ取ってソファーに座ってる俺に渡してくれる。  上に苺がぎっしり乗ってて、苺の隙間にブルーベリーが見えていて、生クリームがふわふわしてて美味しそう。  俺のバイトしてるカフェのケーキは、自分でも時々買って帰るくらい、味はめちゃくちゃ美味しい。二切れくらい、ぺろっと食べれそうだ。 「いただきまーす」  生クリームは口の中で、自然に溶けるような感じで柔らかくて……。  ―― やっぱり美味い!  ケーキに夢中になっていると、気が付いたら床に座って食べていた透さんが、後ろを振り向いて、俺の顔をじっと見つめて、ニコニコしてる。 「…… え?」  そして、急に透さんの長い指が、俺の顔に近づいてきて……  …… 口元に触れた。