―― 聖夜と生クリーム味の……(15)

 舌の裏側から優しく撫でられ、やんわりと吸い上げられて、咥内でお互いの熱が縺れ合い始める。  思わず逃げを打つ俺の腰に、透さんの腕が絡んで、引き寄せられた。 「…… っん…… ふ…… ッ……」  あまりの突然の出来事に、呼吸をするのを忘れて、段々と息が上がってくる。なのに俺は、どうしようもなくこの行為に興奮してきて、唇の隙間から自然に声が漏れてしまっていた。  腕が伸びて、俺の後頭部を掌で支えられ、角度を変えながら、更に深く口付けられて、何が起こってるのか、頭の中が混乱して、体中の力が抜けていくのを感じる。  ―― な…… なんか…… この人、キス上手い……。  キスだけでこんなに気持ち良くなるなんて。  自分が今まで女の子達としてきたキスなんて、ただのガキの遊びだと思い知らされるような……。  透さんのキスが気持ち良過ぎて、耳に届くお互いの唾液の混じりあう音が、淫らに思えて、体の奥に灯ってしまった熱が、堪らなく疼く。  気が付けば、透さんの舌に応えるように、俺も夢中でその動きを追い、絡めていた。  長いキス。 漸く離れたお互いの唇を、キラキラと光る唾液が繋げていて……。  俺をじっと見つめる透さんの瞳は、相変わらず優しいけど、やっぱりどこか妖艶で色っぽい。  その瞳に釘付けになって、俺は視線を逸らす事も出来ないでいた。  お互いの目線を絡ませたまま、今度は啄ばむようなキスをされて、透さんの指が俺の首筋を辿るように触れ、降りていく。  透さんは、片手で俺のシャツのボタンを外しながら、舌で耳の溝をねっとりと愛撫する。 「あぁ…… ッ……」  舌で撫でられた耳から、甘い痺れが背すじに走って、思わず女の子みたいな声を零してしまった。  恥ずかしいのと、なんか気持ちいいのが混じって、身体中が火照ってる。 「…… んん…… ッ…… あッ……」  透さんは、耳から首筋、さらにはボタンを外されて露になった胸へと、啄むようにキスを落としていく。  俺は、すぐ側にあったクッションの端を、ギュッと握って、されるがままになっているだけで……。  真っ白になっていく頭の中で、辛うじて薄っすらと疑問が浮かぶ。  あれ…… ? ―― なんで…… なんでこんな事になったんだっけ……。 ケーキ食べてただけなんだけど……。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
俺と拓斗は親友で、それだけ……だったはずだった。
  • 1
  • 4
  • 13
  • 完結済/25話/134,113文字
  • 3月22日
完結
──これはきっと運命の出会い。αの新人医師とΩに転換した院長
  • 1
  • 完結済/4話/6,343文字
  • 4月12日
完結
君と言う恐怖が喜びに変わるまで。
  • 1
  • 完結済/1話/3,238文字
  • 4月25日
ドS腹黒王子の生徒会長、律は耐えられるか?!
  • 4
  • 2
  • 4
  • 6
  • 連載中/6話/3,064文字
  • 6月16日
人外 R18
  • 7
  • 17
  • 22
  • 10
  • 15
  • 連載中/38話/41,388文字
  • 6月24日
大学の先輩・後輩であるゲイのカップルに起きた悲劇。せめてあともう少し長く生きていたら……
    • 連載中/0話/0文字