17 / 351

 ―― 聖夜と生クリーム味の……(16)

 透さんにされているこの行為は、ありえない事の筈なのに、嫌と言う気持ちが全然無くて……。  でも、こんな事しちゃ駄目だ、受け入れちゃいけない事なんだ、拒否しなくてはいけないんだって、頭の中では解ってる。 だって…… 相手は男なんだから……。 「…… やッ…… やめ…… ッ」  その行為を止めさせようと、透さんの肩を手で押しやろうとするけど、両手首を掴まれて、そのままソファーに押し倒された。 「…… ッ…… ん」  小さ過ぎた抵抗の言葉は、唇で塞がれて、あっけなく透さんの咥内に吸い込まれていく。  すぐに俺の舌は、甘く絡め取られて、咥内を熱で蕩けさせられてしまう。  掴まれていた手首も、いつの間にか力を失っていて、気付かない内に透さんのキスに応えている。  薄く瞼を開ければ、至近距離で、情欲に濡れた漆黒の瞳と視線が絡んだ。 「…… っ…… ふ…… ん、ん……っ」  俺の体の上に覆い被さるようにして、透さんは更に深く唇を重ねてきた。  透さんの足が、俺の閉じていた膝を割り入ってきて、軽く股間の辺りを刺激している。  —— え?…… 待って、待って! これって、もしかして、本当にヤバいんじゃないの?  このまま流されたらダメなんじゃないの?  男の俺なんか相手に、なぜか本気になってるみたいだけど、もしかしたら透さんだって、ただ酔っ払ってるだけなのかもしれないし。  そうだよ。 なんでだかこんな状況になってるけど、やっぱり帰るって、はっきり言わないと! 「あっ! あのっ!」 「ん?」  なんとか首を横に振り、やっと唇を離して、声を出した俺を、透さんは不思議そうにじっと見つめてる。 「あの…… やっぱ、俺……」 「帰りたい?」  —— うっ……  帰りたいってのとは違うんだけど…… 帰らないとやばい気が……。 「…… 寂しいな……」  そんな綺麗な顔で、寂しそうな目で見つめられたら、何も言えなくなってしまう……。 「男の俺にこんな事されるの、嫌だよね……」 「い……」  —— 嫌って言うべきだよな…… って分かってる。 だって男同士だもん。  でも……、嫌か?って訊かれたら、嫌じゃない俺って、いったい何なんだろう? 「透さんは、男でもいいの?」  答えに困って、思わず馬鹿な事を訊いてしまった。  透さんは、一瞬だけ驚いた表情を見せたけど、すぐにクスッと笑う。 「俺も女の子の方が好きだったはずなんだけどね……。でも、直くんだから いいと思ったんだ」 「え…… ?」  俺だからいい…… ? 「直くんは? どう思ってる? 俺のこと」