―― 聖夜と生クリーム味の……(17)

 …… ずっと憧れていた人。  ずっと気になって、目で追っていた。あの手に触れられたら……、なんて思ってた。  俺も、透さんとなら……。  ―― だけど、だけど、男と、そんなことあり得ない!  そう思っているのに、頭のどこかで、この場の雰囲気を壊したくないなんて、考えてる。  いくら考えても答えは見つからずに迷ってる。迷うくらいなら止めた方がいいに決まってる。  そう思っているのに……。 「直くんは、男の俺にこんな事されるの、嫌?」  さっきと同じ質問を、もう一度訊かれて……。 「…… 嫌じゃない……」  殆ど無意識に気が付いたら……、そう応えてしまっていた。 「直くん……」  優しい手が、ふわりと頬を包み、綺麗過ぎる顔が近づいて……。  ―― キスをする……。  唇が重なって、すぐに透さんの舌が入ってくる。さっきよりも、激しく官能的なキス。 「…… ンッ…… ふ……」  透さんの舌に俺の咥内を余す所なく犯されて、合わせた唇の隙間から、自然に吐息が漏れた。  繊細な指で、俺の髪を梳くように優しく撫でながら、咥内を熱く翻弄される。  そしてその指先に力が入り、俺の髪をくしゃっと掴んだ。  どんどん情熱的になってくるキスに堪らなくなって、俺は透さんの首に腕を絡め、引寄せる。  二人の身体が密着し、口付けは更に深くなって、唇の端から、どちらのものともつかない唾液が零れる。  意識が遠のくような眩暈のような……、力が抜けていく感覚。  きっと立っていたら、膝の力が抜けて床に崩れ落ちてしまってると思う。  「もう、勃ってるね」    そう言うと、透さんは、ズボンの上から硬くなっている俺の中心を、撫で上げた。 「うっ…… あァッ……!」 「キスだけで、感じちゃった?」 「…… !」  ―― 恥ずかしすぎる…… 俺……。  漆黒の瞳にじっと見つめられて、羞恥とキスの余韻で身体中が熱い。  確かに下着の中で、その形を変化させている俺の中心は、更に熱を加速させている。  恥ずかしさのあまり、目を逸らし、身を捩り、透さんの腕から逃れようとした俺の体が、ふいに宙に浮いた。 「…… え?」  透さんが、俺の体を軽々と横抱きにして立ち上がったのだ。  ―― 所謂、『お姫様抱っこ』?  俺もバランスをとる為に、自然に透さんの首に、自分の腕を絡めて、抱きついてる形になってるし! 「ちょ……っ、透さん、下ろして下さい…… は、恥ずかしい……」  そう訴えても、お姫様抱っこのまま、見つめられて軽く唇を塞がれる。 「ベッドの方がいいでしょ?」
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

身体だけ繋がった二人が心も繋がる二人。
  • 2
  • 2
  • 3
  • 連載中/1話/3,590文字
  • 1月28日
そんな我が儘を告げる勇気が欲しかった。
    • 連載中/4話/8,525文字
    • 3月1日
    完結
    面倒臭い その一言で全部片付けてきたのに
    • 25
    • 2
    • 6
    • 17
    • 完結済/13話/6,107文字
    • 4月5日
    【R18】友人の店で口説かれて・・
      • 連載中/0話/0文字
      • 3月28日
      完結
      悪いのはダレ?
      • 4
      • 2
      • 4
      • 完結済/3話/20,371文字
      • 5月6日
      俺様後輩×不運先輩
        • 連載中/0話/0文字