19 / 351

 ―― 聖夜と生クリーム味の……(18)

―― ベッ…… ベッド!?…… それってやっぱり、あれだよね? 最後までやるよ?って事だよね?  透さんは、驚いてる俺の表情を確かめるように見つめて、「ね?」と、にっこり笑う。  俺は、何も言えずに、こくりと頷くことしかできなかった。  透さんは、俺を抱いたまま、リビングを出て、すぐ隣にあるドアを開ける。  薄暗い部屋に入ると、ダブルサイズのベッドが目に入った。  ―― やっぱり覚悟を決めるしかないような……。  この期に及んでも、まだ往生際の悪い事を考えている俺をベッドに下ろし、透さんはベッドサイドの灯りを点けた。  黄色い穏やかな薄い灯り。  透さんは、俺の隣に向き合うように座ると、もう既に殆ど肌蹴ている俺のシャツを脱がせていく。  スッと、首筋から腹にかけて掌で 滑るように触れられると、ゾクッとした感覚が身体に走った。 「…… ん……」  思わず声が漏れてしまう。 「綺麗だね」  そう言いながら、透さんは唇に、優しいキスをくれる。  ―― 綺麗なのは、透さんの方じゃん。  深いキスを交わしながら、透さんの手が下へと下りて、 静かな金属音を立てながら、ゆっくりとベルトが外されていく。  そのままジーンズのボタンが外されて、ファスナーに手がかかる。 「…… 透さん」  キスの合間に、俺は透さんの胸にシャツの上から両手を置いて囁いた。 「透さんも脱いで」  透さんは、少し驚いた顔をしたけど、すぐに 目を細めて口角を上げる。 「煽るね……」  そう言って、自分のシャツのボタンを外そうとしている。 「待って、俺が脱がせてあげる」  俺は、その手を退けて、透さんのシャツのボタンに手をかけた。  上から一つずつボタンを外していくと、透さんの綺麗な白い肌が少しずつ露になっていく。すっと真っ直ぐに伸びた鎖骨が艶っぽい。  俺は、思わず高揚して、ボタンを外す指が僅かに震えてしまう。  ボタンを全て外し終わって シャツの襟の辺りから両手を滑らせて中に入れると、痩せていると思っていた隠されていたその上半身は、程よく筋肉がついていて、しなやかで美しい。  俺は透さんの肩から腕にかけて掌でその形を味わいながらシャツを脱がせた。 「…… 直くん……」  透さんは、俺の耳元にキスを落とすと「煽り過ぎだ……」と囁いて、俺の体を強く抱きしめながら、咥内に舌を挿し入れてきた。  身長差から、俺は少し上向きに顔を上げさせられていて、透さんは上から押し付けるように、唇を塞ぎ、激しく舌を絡めてくる。 「…… ふッ…… は…… っあ……」  唾液の絡まる水音と、唇から漏れ零れる吐息だけが、部屋の中に響いていた。