―― 聖夜と生クリーム味の……(19)

 激しくて、それでいて甘美なキスを交わしながら、ゆっくりと押し倒されて、さらさらと肌触りのよいコットンのシーツの感触が、柔らかく背中を捕らえた。  透さんの唇が胸へと下りて、小さい突起に舌を這わせる。 「んっ……」  思った以上の刺激に僅かに身体が震えた。  女の子とのエッチの時も、弄られたりする事はあったけど、くすぐったいだけで、感じる事なんかなかったのに……。  透さんに、舌で転がすように舐められて、甘噛みされて、強弱をつけながら吸い上げられて、そこは段々と熱を帯び始め、敏感に硬く尖っていく。 「っ…… はぁ…… ンッ」  自分でも信じられないくらいの甘い声が漏れて、また顔が熱くなる。 「乳首、気持ちいいんだ?」  透さんは、愛撫をしながら、そんな恥ずかしい事を訊いてくる。 「……」  恥ずかしくて言葉に出来ない俺を、胸元から上目遣いで見つめると、ふっ と口角を上げた。  ―― その顔が、壮絶に色っぽい!  片方の突起に唇を寄せたまま、もう片方にも、透さんの形の良い指が伸びて弄ぶ。 「…… う…… ッン……」  我慢しても漏れてしまう声と、身体中に広がる甘い痺れ。どんどん熱が上昇する感覚。  ―― もっと触って欲しい。  透さんは、さっき途中まで脱がせかけていた俺のジーンズを、今度は一気に脱がせていく。  下着も一緒に。 「…… あ……ッ」  さっきからずっと硬くなっている俺の中心に、透さんの指が触れた。 堪らずにドクッと、そこが熱く波打つのが分かる。  長い指を絡ませられると、待ち望んだ快感に、ぴくっと身体が震えた。  男に触られるのなんて、勿論初めてなのに、それだけで悦んでるなんて、俺の身体はどうなっているんだろう。  目を閉じていれば、女の子に触ってもらっているのと変わりないはずなのに、そこを透さんのあの綺麗な指が俺のを…… と思うだけで上り詰めてしまいそうなくらい、興奮してる。  このまま流れに身を任せていたいけれど…… でも、これだと透さんは気持ちよくなれないんじゃ……? って疑問が湧いてくる。  男とやるのなんて初めてだから、よく分かんないけど、やっぱりお互い気持ちよくないと…… と思って、俺は上体を起こして透さんのベルトに手をかけた。 「透さんのも触りたい……」  驚いている表情の透さんを見上げながら、ベルトを外していく。 「直…… っ」  少し掠れた声で、俺の名前を呼び捨てて、透さんが噛み付くようなキスを仕掛けてきた。  今までずっと『直くん』と、呼んでいたのに……。  それだけで、胸が息苦しいくらい甘美な気分に捕らえられてしまう。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
弟×兄。社会人の二人。
  • 9
  • 58
  • 36
  • 6
  • 47
  • 完結済/76話/167,448文字
  • 4月28日
10代の男の子たちの短編集。
  • 1
  • 12
  • 2
  • 2
  • 7
  • 連載中/16話/15,619文字
  • 5月20日
完結
僕の初めての男は、行きずりの人だった。
  • 3
  • 5
  • 完結済/6話/9,698文字
  • 8月6日
    • 連載中/3話/1,152文字
    • 8月1日
    天使に捧げる夜想曲の第2部となります。さきに第1部をお読み頂けると嬉しいです
      • 連載中/1話/1,045文字
      • 7月23日
      その感情は罪であり、衝動は罰なのでしょうか?
        • 連載中/2話/5,510文字
        • 8月10日