―― 聖夜と生クリーム味の……(20)

 俺もそのキスに夢中で応えながら、透さんのスラックスを脱がせてあげる。  全てを脱いだ透さんの中心に目を奪われた。  透さんのも、俺のと同じように猛り勃っていて……。  確かに、俺と同じ男なんだって、当たり前のことを思ってしまう。  そこにそっと手を伸ばして指を絡めて、掌に熱を感じながらゆっくりと上下してみると、透さんが熱い吐息をひとつ零した。  一糸纏わぬ姿で、お互いの中心を手で扱きながら、縺れるようにベッドに倒れ込む。  今まで、女の子に手でしてもらう事はあったけど、他人の手でしてもらうのは、確かに気持ち良くて、それは『女の子の手』が、俺のに絡まってるって言う事が、視覚的にも興奮する材料だったはずなんだけど……。  今、こうして男の透さんに触れられている行為が、女の子とのそれよりも、興奮してるのって、なんでなんだろう?  お互いの先走りで手を汚し、どちらから発しているのか分からない水音と、段々と荒くなっていくお互いの息遣い。  今まで体験した事のない感覚に、絶頂へと導かれていくようだった。 「…… あっ…… とおるッ…… さんッ…… も……ッ いきそっ……」  込み上げてくる絶頂の予感に、思わず透さんを触っていた手を離し、俺のを扱いてる透さんの手の動きを止めようとした。  だけど透さんは、逆に俺の手を捕まえると、唇に近づけて、ちゅっとキスをする。  熱の籠った眼差しに、抵抗しようとした力も抜けていく。  横向きの姿勢で向かい合っていた俺の体を仰向けにさせて、覆いかぶさるように唇を塞ぎ、透さんの手が俺のと透さんのを一纏めに掴んで上下に擦り始めた。 「あっ……、ん…… っ!」  絡まる舌と、透さんのと俺のが擦りあってる部分と、透さんの指の動きが気持ちよすぎて、頭の中が真っ白になっていく。 「はぁ…… ッ…… も…… ぃくっ……」  重なった唇の隙間から、くぐもった声でやっと伝える。 「イッていいよ、直…… っ」  そう言うと、透さんは手の動きを速めた。 射精を促すように蜜口を爪で刺激されて、瞼の裏に閃光が走る。 「…… くッ!」  ドクンと波打つ感覚と同時に、止めることも出来ずに、透さんの手の中に欲をを放ってしまう。  俺が達したすぐ後に、小さく呻くような声を零して、透さんの体が俺の上に落ちてきた。  身体を重ねたまま、お互いの肩が荒い息遣いで上下する。  目を閉じると自分の瞼が熱く感じる。身体中が熱く火照っているみたい。  達した後の余韻でぼんやりしていると、透さんが、こめかみにキスをくれた。  視線を合わせると、お互いが吐く息も絡み合い、熱を持っているのを感じる。 「たくさん出たね」  言われて、透さんの手元に目をやると、手の中に受け止め切れなかった二人分の白濁が、指の隙間から俺の鳩尾に、ねっとりと零れ落ちていた。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
Twitterのワンライ企画に参加。お題『卒業』『緩む頬』
    • 完結済/1話/1,165文字
    • 3月11日
    【R18】雨の日に隣に立った男に一目惚れをしてしまう主人公
      • 連載中/1話/1,540文字
      • 3月14日
      力を制御出来ない鬼と、生け贄を引き受けた少年の物語です
      • 19
      • 36
      • 26
      • 1
      • 107
      • 連載中/309話/150,642文字
      • 4月27日
      完結
      美形二十代αと番の四十代ヘビースモーカーΩのジレジレ恋愛模様
      • 1
      • 2
      • 完結済/6話/6,422文字
      • 4月9日
      闇オークションで落札された男の子と、その主人の話。
        • 連載中/0話/0文字
        完結
        とある番の短編 ※R-18
          • 完結済/5話/6,972文字
          • 4月25日