24 / 351

 ―― 聖夜と生クリーム味の……(23)

「透さんのも、凄く熱い…」  入ってしまうと、痛みよりも、圧迫感が半端ない。  だけど、自分の体内に透さんを感じて、繋がっている事が、なんだか嬉しくて自然と顔がほころぶ。 なんだろう?この嬉しさは。 「直、その顔、凄くそそる」  きつく抱きしめられて、また唇が重なって、 咥内で熱い息が混じり合う。  唇を離しても、透さんの熱い吐息が顔に落ちてくる。  薄っすらと汗ばんでいる透さんの身体からは、色気が溢れていて、俺は堪らずに、透さんの肩から鎖骨の辺りにキスをした。 「…っ」  少し苦しげな表情で眉根を寄せて、透さんの小さな声が漏れ聞こえた。 「直、もう動いていい?」  耳元に唇を寄せて、甘い声で囁かれると、それだけで体が熱くなっていく。 「うん」  俺の返事を待ってから、透さんが律動を始めた。 最初は小さくゆっくりと、俺の中と透さんのを、馴染ませるように。  透さんの腰の動きに合わせて、声が零れる。 「ん、ん…… ッ、ん」 「痛い?」 「だいじょーぶ……」  ゆっくりと、透さんのモノが、きゅうきゅうにキツイ中から、引き抜かれていくと思ったら、また一気に貫かれて。 「うぁ……!ああああっ!」  ―― 奥が、突き上げられるっ。  突き上げられて、肌が触れる度に、切ないような、甘い感情が込み上げる。  最中に、そんな感情を抱いたのは初めてで……。  だっていつもは、ただ快楽を求めるだけだから。 『愛』と言う言葉が 脳裏を過るけど……、 今まで、セックスの時、愛を感じた事なんてなかったから、解らない。 「直…っ」  余裕無さげに眉を寄せて、切なそうな表情で、甘い声で俺の名前を囁く。  透さんに、愛されてるような気分になるけど、それは錯覚に違いないと思い直す。  ―― だって、透さんは彼女と別れたばかりで…、 俺を好きになるなんて、有り得ない。  だからこれは、お互いに快楽を貪り合う為だけの行為。 「ああっ!そこッ…ああ!」 さっき指で探り当てられた場所を刺激されて、俺の思考なんて吹っ飛んでしまう。 「これ、気持ちいい?」 「あ…… っ、んッ…… ん…… ッ!気持ち…… いいッ」  俺の膝裏を抱え上げた形で、更に深く突いてくる。 「ああッ!とーるさんッ」  意識が吹っ飛びそうになるのが怖くて、キスをしたくて腕を伸ばすと、透さんは、繋がったまま俺の身体を引き上げた。  向き合った姿勢で透さんの膝の上に乗る。 「あぁっ!」  自分の体の重みで、限界まで透さんを咥え込んで、最奥を突き上げられる。  透さんの腰の動きに合わせて、俺も腰を動かしながらお互いの咥内を貪った。  お互いに、ただ快楽だけを求めて。  透さんの手が、俺のモノを包み込み、上下に動かして刺激する。 「あッ…… !だめ…… ッそれッ…… イきそッ……!」  後ろと前を、同時に攻められて、一気に水位が上がる。 「イッていいよ……、俺もイく…… っ」  透さんの腰と手の動きが、更に加速して、俺は目の前が真っ白になっていく。 「ああッ!」  絶頂感と共に、腰がひくひくと震えて、胸に熱い飛沫が飛んだ。  ほぼ同時に、俺の中で透さんが大きく脈打って、最奥に熱が広がるのを感じていた。  達した後も暫くはそのままの姿勢で、透さんがやさしく背中を抱きしめてくれていた。   静かな部屋には、二人の荒い息遣いだけが聞こえていてる。  体内の熱い余韻と、触れ合う肌が、暖かくて気持ちよくて、瞼が重くなる。  ―― もう少しだけ、このまま、こうしていたい。  透さんに優しいキスを貰いながら、ぼんやりとそんなことを考えていた。