25 / 351

第二章:迷う心とタバコ味の……(1)

 昨夜の寒さが嘘みたいに、今日はポカポカと良い天気だなーなんて、  炬燵に足を突っ込んで窓の外の空を眺めていたら、昨日のアレは夢だったんじゃないかって気がしてくる。 「…… いててっ……」  だけど体の中に、何となく残る違和感が、俺を現実に引き戻そうとする。 「…… で?」  追い撃ちをかけるように、少し苛立った声。 「んーーー?」 「おまえさぁ、何しに来たわけ?」  幼馴染の啓太が、ゲームをしながら、怠そうに俺を横目で見る。 「…… だから、クリスマスケーキを一緒に食べようと思って……」  俺は、コンビニで買ってきた、カップに入ったプリンアラモードのプリンを、スプーンで突いて揺らして見せた。  コンビニデザートは、意外と高いんだぞ、奮発したのに……、何の文句があるのかな、啓太は。 「あのなぁ……」  啓太がゲーム機を置いて、まだ開けていないプリンアラモードを手に取って、 「これのどこが、クリスマスケーキなわけ?」と、生意気な事を訊いてくる。 「…… だから、さっき言ったじゃん、クリスマスケーキを啓太と一緒に食べようと、昨夜持ってきてやろうと思ったんだけど、途中で食べちゃって、仕方ないから、コンビニでこれを買ってきてやったんだって」 「はぁー?おまえ、それ意味不明なんだけど?」  もう、いいけどよ、どうでも…… とか言いながら、溜息なんかついてる啓太。生意気だな、オイっ。 「で、その本物の、クリスマスケーキとやらは、どこの女と食べたわけ?」 「……」  痛いところを突かれて、思わずギクリとして、言葉に詰まってしまった。  鋭いな…… 啓太。  ―― 『女』、じゃないけどな…。  そう、昨夜俺は確かに……、初めて男に抱かれたんだ。  応えを待つ啓太を余所に、俺は数時間前の事を思い起こしていた。  明るい陽射しをカーテン越しに感じて、目が覚めた。  見慣れない天井が見えて、ゆっくりと部屋の中を見渡した。 『…… ここは……』  寝ぼけた頭で昨夜の事を思い出して……、そうだ……、昨夜は透さんの家に来て、俺……。 『透さん?!』  慌てて飛び起きた、次の瞬間、 『--ってぇ!』  腰に痛みを感じて、息を詰め、俺はベッドの上で蹲ってしまった。 『ああ……、身体が怠い……』  なんか、後ろも痛い……。  ―― 透さんは……?  透さんが寝ていたはずの場所を触ってみたけど、シーツは冷たくて、時計を見ると昼の12時を過ぎていた。