27 / 351

 ―― 迷う心とタバコ味の……(3)

 顔を洗おうと思って、洗面所に向かう。  冷たい水で、火照った顔を冷やすように洗った。  棚に置いてあった、新しいタオルを一枚取って顔に当てる。  ふと、洗面台に置かれてる物に気がついて、動作がとまった。  ブルーの歯ブラシの横に、ピンクの歯ブラシが仲良く立ててある。  棚の隅には、化粧品。 「……」  きっと彼女の忘れ物だろう……。  なんとも言えない気持ちを抱えて、リビングに戻る。  透さんが残したメモの最後に書かれていた携帯番号を眺めて、自分の携帯を取り出した。  アドレス登録画面を表示させて、でも、そこで指が止まってしまった。  ―― 昨夜の事は、ただの遊びだ。 透さんには、今でも忘れられない彼女がいる。  一度関係を持ったからって、恋人ってわけじゃない事くらい分かる。 俺だって、その場限りの関係を、今まで何度もしてきたじゃないか。  だから、今回もきっとそう……。  携帯番号を教えてもらって、それから、どうするんだ?  俺が透さんに連絡して…… そうしたら、どうなるんだ?  きっと透さんにとって……、昨夜の事は、ただの成り行き、何かの間違い、気の迷い、事故のようなもの。  俺にとっても……。  電話の横のメモホルダーに立ててあった、ペンを取る。  透さんが残したメモの一番下に、「サンドイッチ、ごちそうさま。ありがとうございました。 直」と書いた。  これでいい。  透さんだって、まさか本当に俺が連絡してくるなんて、思ってないに決まってる。  もう、透さんと店以外で、二人きりで会うことなんて、ないに決まってる。  もしかしたら、もう…… 店にも来なくなってしまうような気もするし……。  だから、これでいいんだ。  昨夜、抱かれている時に感じた、甘い感情は…… きっと……。  ―― そう、透さんが上手かったからだっ!  そう考えないと、説明がつかない。  俺は自分に言い聞かせながら、寝室に戻り、のろのろと自分の服に着替えた。  ―― それにしても…、透さんて、慣れてたような気がする。 もしかして、男の経験も、あったんだろうか……。  ふと、そんな事を考えると、また昨夜の事を思い出してしまって、顔が火照る。  俺は、慌てて部屋の鍵を取り、透さんの部屋を出てドアに鍵をかけ、メモに書いてあった通りに、ポストの中に入れた。  鍵が下に落ちる音が、なんだか終わりの合図のように、寂しく響いていた。