―― 迷う心とタバコ味の……(5)

「ところでさぁ、お前、サークルの新年会出るだろ?」 「へ? 新年会? 何のサークルだよ?」  サークルは、適当に色々入っちゃったから、何に入ってるのかさえ、覚えていない。 新年会の連絡も、聞いてないけど?  はぁ~と、大袈裟な溜息を吐きながら、啓太がまた呆れ顔になった。  そのサークルとは、アウトドアなジャンルに入るらしいけど、やってる事と言えば、月1程度の飲み会とか、時にバーベキューとか、ドライブとか、やってるらしい。  最初の月の例会以外は、今まで一度も参加した事がない。 ゆり先輩も、そのサークルに入っているらしかった。  啓太がしつこく誘うので、俺も飲み会だし、参加する事にした。 「1月4日の19時だからな、忘れるなよ」  念を押す啓太に、「はいはい」と応えると、もう用が無いなら、自分の部屋に帰れなんて冷たく言われた。 「もうちょっと、休憩させて」  ―― だって、腰が辛いんだもん…。 「休憩って…お前の部屋、この上じゃんか。ここでウダウダしてないで、疲れてんなら、帰って寝ろよ」 「えー、いいじゃんか、冷たいなぁ」  啓太と俺は、同じマンションの4階と5階。 学生専用の、ワンルームマンション。  エレベーターが無いんだ。  4階までは、手すりにしがみ付きながら、よたよた上って来たけど、力尽きてしまったわけで……。  と、言うのもあるけど、なんだか独りになりたくなくて、プリンアラモードを手土産に、啓太の部屋に寄ったと言うわけ。 「甘えんなよ」  そんな面倒くさそうに言わなくったっていいじゃんか……。俺、なんか寂しいんだよ。 「ところで正月、どうすんの?実家に帰る?なら一緒に帰ってやってもいいけど?」  ―― やってもいいけどって、生意気だな、オイ、啓太の癖に。  幼馴染の啓太と俺の実家は、電車とバスで、せいぜい2時間もかからないくらいの場所にある。  郊外と言うと聞こえはいいけど、ま、不便な田舎にある。 大学も通えないわけじゃなかったんだけど……。  俺の母親は、俺が3歳の時に病気で亡くなって、ずっと6歳上のねーちゃんが、俺の母親代わりをしてくれていたんだけど、  親父が2年くらい前に、出来ちゃった婚で再婚。 しかも、その相手が……、俺と一回りしか変わらない。  だからって、仲が悪いわけではないし、母親とは思えないけど、友達みたいな関係。  で、今年の春に、姉ーちゃんが、めでたく結婚して家を出た。 そしたら、一歳になる小さい弟と、まだまだ新婚気分な親父達と、お邪魔虫な俺が残ったわけで。  俺は気をきかせたつもりで、大学入学を期に、一人暮らしをする事になった。それも、啓太と同じマンションならと言う条件だった。 「んー、大晦日から帰るかな」 「んじゃ、大晦日な」  と、なんとなく年末年始の予定が決まったところで、俺は啓太の部屋を追い出されてしまった。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
――ねぇ、志水。俺のこと慰めてくれる?
  • 2
  • 2
  • 4
  • 完結済/1話/4,761文字
  • 12月8日
性奴隷にされた男達の数奇な運命«R18»
  • 1
  • 1
  • 3
  • 9
  • 3
  • 連載中/5話/30,850文字
  • 4月9日
完結
美形ドS×最強不良 幼馴染み ヤンキー受 男前受 ※R18
  • 244
  • 823
  • 255
  • 582
  • 534
  • 完結済/395話/477,334文字
  • 4月24日
完結
R18 初めて見た日から俺はドキドキが止まらなくなった。
  • 4
  • 17
  • 3
  • 5
  • 完結済/27話/9,922文字
  • 4月7日
完結
【R18】俺達は、ずっと友達で、同級生で、……男同士で、だから今の関係を壊せなかった。
  • 4
  • 13
  • 8
  • 4
  • 完結済/3話/4,999文字
  • 1月15日
完結
「…お前は深く考えすぎだ。俺は妊娠していない。お前が責任を取る必要なんてない」
  • 1
  • 1
  • 完結済/1話/7,000文字
  • 4月13日