4 / 256

朔2

気乗り薄で参加した金曜日の合コンは、薫が想像していたよりも案外楽しかった。 高校時代も大学に入ってからも、勉強とアルバイトに明け暮れていた薫にとって、酒を飲みながら同世代の男女とたわいもない話で盛り上がるのは、新鮮で刺激的な経験だった。 遊び慣れている悠貴の、厳選チョイスのおかげでもあるのだろう。参加した女の子たちの雰囲気も良さげで、不慣れで口下手な薫でもすんなり溶け込めた。 「おまえ、この後どうする?」 中座してトイレを済ませて手を洗っていると、悠貴がやってきて意味ありげな顔をした。 少し飲み過ぎたかもしれない。 ちょっと頭がぼんやりする。 「この後? 場所を変えるのか?」 この状態で2次会にも参加したら、間違いなく明日は2日酔いだ。 薫は濡らしたハンカチで火照る首筋を冷やしながら、首を傾げた。 悠貴はにやっと笑って 「おまえ、結構良さげな感じだったじゃん。飯島さんと」 「……飯島……?」 「とぼけるなよ。ずっと隣で話してただろ? 飯島冴香」 「……ああ……。あの娘か」 たしかに。隣に座った女の子は、かなりの美人だったが気取ったところがなく、話しやすくて楽しい人だった。薫が場の雰囲気にすぐに溶け込めたのも、多分彼女のさり気ない気配りのおかげだろう。 「いい娘だろ?あっちもおまえのこと、かなり気に入ってたみたいだしな」 「……ああ。いいな、彼女。美人なのに全然気取ってない。話しやすくて気配り上手だ」 薫の手放しの賛辞に、悠貴はちょっと苦笑して 「早速ノロケかよ。まあいいや。じゃ、彼女で決まりな」 「……決まり……って……何がだ?」 「俺と雄二で他の3人送っていくからさ。おまえは飯島さんをよろしくな」 (……なるほど。そろそろお開きだから、女性陣を手分けして送れってことか。たしかに、もうこんな時間だ。女性1人で帰らせるのは危ないな) 「分かった。彼女を家まで送っていけばいいんだな」 「そうそう。じゃ、頑張れよ」 納得して頷く薫の肩をぽんっと叩いて、悠貴は先に洗面所を出ていった。 居酒屋の前で悠貴たちと別れ、薫は約束通り、飯島冴香と肩を並べて歩き出した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!