15 / 256

突然の君9

「冗談だよ。ムキになるな。それより……明日は土曜日だ。学校は休みだよな。今日はどうする。このまま俺のところに泊まっていくか?」 樹は目を見開き、薫を見上げて 「え……嘘……。俺……泊まっても……いいんだ?」 「ああ。あんな狭いところでいいならな」 薫が笑いながら頷くと、樹は何か言いかけて口を閉じ、うろうろと目を泳がせた。またもごもごと口を動かし、でも言葉が出て来ないのか、親指を口にもっていって爪を噛む。 「嫌か? おまえが嫌なら……」 樹はぶんぶんと首を振り 「嫌じゃない! ……っでも……あ、あんたはいいのかよ……俺なんか……泊まらせてもさ」 薫は首を竦めてみせ 「構わないだろう。おまえが女の子だったら問題だけど、弟だしな。あ、でもおもてなしは期待するなよ。男の一人暮らしだから、たいしたことは出来ないぞ」 樹はまだ信じられないといった表情で薫を見つめた。 (……本当にデカい目だな。今にもこぼれ落ちそうだ) 樹は意を決したようにごくっと唾を飲み込むと 「お、俺、泊まりたいっ」 「分かった。じゃ、決まりだな。ただ、その前に家に電話するぞ。無断外泊はさすがにマズいだろう」 嬉しそうだった樹の顔が、途端に曇った。難しい表情になって、またしきりに爪を噛み始める。薫はそれを横目に見ながら 「俺が電話かけてやるよ。お義母さん、家にいるんだろう?」 「……うん。でも……きっとダメって言われる」 「そんなことないだろう。一応、これでも俺はおまえの兄貴だ。赤の他人のところに泊まるわけじゃないんだからな」 「……それは……そうだけどさ……」 「まあ、俺に任せておけよ」 暗い顔をして項垂れてしまった樹を促して、2人はアパートへと戻っていった。 部屋に戻って、薫はさっそく実家に電話を掛けた。自分から家に電話するなんて、ここに住んでから初めてかもしれない。樹は椅子に座って不安そうに薫を見つめている。 「……あ、お義母さんですか?俺です、薫です……ご無沙汰してすみません。……ええ……はい。元気です……あ、いえ。父に用事ではないんです。樹くんのことで…………あ~はい。知ってます。実はこっちに来ているんで…………ええ。それで、今日はもう遅いので、こっちに泊まらせますから……いや、別に迷惑じゃないです……はい……あーはい。それは大丈夫ですから…………ええ。分かりました。明日は俺が家まで送っていくんで…………え? …………はい……なるほど…………分かりました。伝えときます。それじゃ」 薫が受話器を置いて樹の方を見ると、樹は気まずそうに目を逸らした。 「母さん……何て?」 「泊まりはOKだそうだ。さてと。そしたら、歯ブラシは俺の予備のを使えばいいよな。問題は着替えか。寝巻きになりそうなものって、何かあったかな」 薫は壁に造り付けのクローゼットを開けて、衣装ケースの中をかきわけてみた。樹にはちょっとデカいが、Tシャツなら下着代わりのが何枚もある。下は……短パンでいいだろう。薫は何枚か取り出して振り返り 「なあ、樹。俺の着古しでもいいか? ちゃんと洗濯はしているから」 そう言って差し出すと、樹は何だか変な顔をして固まっていた。薫は首を傾げ 「おい。何て顔してるんだよ。あ、やっぱり俺のお古じゃダメか?」 「ちっ違うっ。ダメじゃないっ」 樹は赤い顔をして椅子から立ち上がり、薫の側まで行くと 「っ名前っ」 「え?」 「俺の、こと、樹って……っ」 樹が何を言ってるのか分からず、薫は首を傾げた。樹はそんな薫の反応にバツの悪そうな顔になり、 「な、何でもないっ。それより電話。俺に何伝えろって言ってたの? あの女」 「それは止めておけ」 「えっ?」 きょとんとする樹に、薫はちょっと厳しい顔をしてみせて 「お母さんだろう。あの女、なんて呼び方はするなよ」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!