26 / 256

迷い猫4

薫は樹と一緒に20分ほど歩いて、アパートに戻った。樹はひと言も喋らず、まるで借りてきた猫のように大人しかった。 部屋に入ると所在なげに佇んでいる樹に、ソファーに座るよう促して 「腹、減っただろう? たいしたもんはないけど、ちょっと待ってろな」 薫はそう言い置いて、台所に向かう。いったん腰をおろしかけた樹は、すぐに腰を浮かして 「俺、何か手伝うこと……ある?」 おずおずと聞いてきた。別にいいから座ってろと答えようとして、薫は思い直した。 「よし。じゃあ、ちょっと手を貸してくれるか? 昼飯兼用でカレーを作るんだ。樹、おまえ料理やったことは……」 薫の問いに樹は眉を寄せ 「……ない……」 「そうだよな。俺もあまり得意じゃないんだが……。材料揃ってて、このルーの箱に書いてある通りに作れば、まあ、何とかなるだろう」 樹は不安そうな顔で首を傾げたが、何も反論はせずに、薫の手からカレールーの箱を取り上げ、箱の裏のレシピを読み始めた。 「じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、肉……ある?」 「それは大丈夫だ。一応ぜんぶ揃えた。肉は近所のスーパーで、閉店ぎりぎりで半額になってた安い豚肉だけどな」 薫が材料をひと通り調理台の上に並べると、樹は玉ねぎを取り上げて 「これ、皮むくよね。俺がやる」 「うん。じゃあ、俺はじゃがいもの皮をむくか」 薫は引き出しからピーラーを取り出し、じゃがいもを水洗いしてから皮むきを始めた。樹は真剣な顔で玉ねぎの皮を引っぺがしている。 「これ、どこまでむくの」 「茶色っぽい薄いのを剥がしたらもういいぞ。おまえ、こっち、やれるか?」 樹は薫の顔を見てから、手元のじゃがいもに視線を落とし、薫がやっていることをしばらく見つめていたが 「……出来る。かして」 差し出す手に薫がじゃがいもとピーラーを渡してやると、覚束無い手つきでガリガリと皮をむき始めた。 薫はまな板に玉ねぎを置いて、包丁を取り出した。左手で玉ねぎを押さえて、半分に切ろうとすると、ガリガリという音が止まる。視線を感じて樹の方を見ると、樹は不機嫌そうに顔を顰めて 「料理……あんま自分でやんないの? あんた」 「やらなくはないよ。ただ、そんなに好きじゃないからな。バイトの帰りに、半額になってる惣菜とか買うことが多いかな」 「……ふうん……」 樹は鼻を鳴らすと、またじゃがいもをガリガリやり始める。薫は玉ねぎを半分にしてから、適当な大きさにザクザク切っていった。 「樹。あのな。その、あんたっていう呼び方、やめないか?」 玉ねぎが目に沁みる。薫が目をしばしばさせながらそう言うと、樹はむいたじゃがいもをボウルに入れて、次のを掴んでこっちを見た。 (……っ) 樹の大きな目は真っ赤で、涙が滲んでいる。驚いた顔をした薫を、樹は不審の眼差しで見上げて 「じゃ、なんて呼べばいいんだよ?」 「うーん……。そうだな。お兄ちゃん……かな?」 樹は真っ赤な目をしばしばさせて、ぐすっと鼻を啜り 「ちゃん、とか変じゃん」 「あ。だったら名前で呼ぶのはどうだ?」 「……薫……さん?」 「うん。それ、いいな」 薫はようやく切り終えた玉ねぎをざるに放り込み、手を洗ってから、ボックスティッシュを数枚掴んで、樹の顔を覗き込んだ。 「しみるんだろう、玉ねぎ」 そう言って樹の涙をそっと拭ってやると、樹は目をぱちぱちして、薫の顔をぼんやり見つめてから、はっとしたように目を逸らし 「……っ俺より自分の目、拭けよ。あんた……じゃなくて兄さん……も泣いてんじゃん」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!