39 / 257

三日月の思い5

義兄のことを思い出すと、胸のむかつきもだいぶマシになる。 とにかく早くプレゼントを選んで、アパートに行かなくては。 さっき雑貨屋さんで見つけた、ちっちゃなクリスタルの置き物。球体の中に、無数の星と大きな月が閉じ込められてて、光に透かすとすごく綺麗だった。 2,280円。往復の電車代が足りなくなるけど、足りない区間は歩けば何とかなる。 樹は立ち上がって、さっきの雑貨屋さんに戻ろうとした。 公園の入口で、おじさんが台の上にアクセサリーを並べて売っている。その前を通りかかって、ふと足が止まった。 ペアのペンダント。細い鈍色の鎖の先に、月の形のヘッドと、その月をくり抜いた小さな星の形のヘッドがセットになっている。樹は思わず近づいて、手に取って見てみた。月も星も小さな光る粒がついていて、2つ合わせてもバラバラにしても、すごく可愛いくて綺麗だ。 樹はちょっとドキドキしながら、値札を見た。 2本セットで2,150円。 (……買える。でも……こんな安物のペンダント、義兄さん喜んでくれるかな。笑われちゃうかな) 樹が食い入るように見つめていると、店のおじさんが 「お嬢さん、それ、気に入ったのかい? 今日最初のお客さんだから、おまけしてあげようか。2,000円ちょうどでいいよ」 樹はばっと顔をあげて、おじさんを見た。 「え。ほんと?」 「好きな子にあげるんだろう? いいよ。2,000円で」 樹はもう1度ペンダントを見つめた。小さなキラキラの粒が入ってて、やっぱりすごく可愛い。 「じゃあ、これ、ください」 「2本一緒に袋に入れるかい?」 「あ……えっと、別々で」 「はいよ」 おじさんは英字の書いてある小さな袋に、別々に入れて綺麗なテープを貼ってくれた。樹は財布から2,000円取り出しておじさんに払い、それを受け取った。 「それはね、ペアでつけると想いが叶うんだよ。好きな子と上手くいくといいね」 にこにこ笑いながら見当違いな応援をしてくれるおじさんに、樹は曖昧に笑い返してその場を離れた。 (……僕、お嬢さんじゃないし。 ってか好きな子にあげるってのも違うし。……ペアで‍?そっか。これってペアでつけるんだ) 丸い月の中に小さな星がすっぽり入ってるデザインに、何故か心惹かれて思わず衝動買いしてしまった。でもよく考えてみれば、義兄に贈る誕生日プレゼントに、ペアのペンダントなんておかしいのかもしれない。 樹は立ち止まり、今出てきた公園を振り返って見た。オマケしてもらって別々に袋にまで入れて貰ったのに、今更返すなんて出来ない。 月の中の星を外しても別におかしなデザインじゃないし、ペアだって言わなければ分からないかもしれない。 樹は地下鉄の駅に着くとトイレに行って、星の方のペンダントを袋から取り出した。周りに人が居ないのを確かめて、自分の首にそれを付けてみる。小さな星のペンダントは、Tシャツの内側に入れてしまえば見えなくなる。樹はちょっと後ろめたい気分で鏡から目を逸らすと、トイレから出て駅のホームに向かった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!