4 / 7

第4話

しばらく歩き続けて、ちょうど日が真上に差し掛かった頃、塔につく。 森の切れ目の斜面を登り、ぐるりと塔を回り込んだ。 「ただいま」 「やあ、千草おかえり」 干していた寝具を取り込みながら、潤(うるみ)が迎えてくれた。 潤はオレより少しだけ年上。 オレともうひとりと、三人交代で塔の仕事を手伝っている。 「師匠は?」 「いつものところに。千草と入れ違いですぐに宿舎へ行っていいって言われているから、行くよ」 「うん、気を付けて」 「前回の食料の残りは置いていく。洗濯は持っていくね。二人だからって適当に過ごしちゃダメだよ」 優しい潤は師匠のことだけじゃなく、オレのことにまで気を配ってくれる。 食事のこと、掃除洗濯のこと、健康のこと。 ともすれば、宿舎に食料を取りに行くことだって、師匠とオレとじゃ忘れてしまいかねない。 「わかってる」 「僕が言っているのは、生活のことだよ。二人とも仕事に没頭しすぎる」 眉をひそめながら綴られる言葉は、割と予想通りのこと。 「……師匠と同じには、あんまりされたくない」 師匠は大好きだけど。 オレの全てだといっていいくらい、大好きだけど。 こと、生活全般においては、あんまり一括りにされたくないっていうのが、正直なところ。 「あんまり変わらないよ」 くすくす笑いをこぼしながら、潤がてきぱきと荷物をまとめて、ぽんぽん、とオレの肩を叩く。 「じゃあ、あとは頼んだよ」 「ああ、気をつけて」 潤を見送りしながらも、心は早る。 あの人のところへ、行きたいって。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!