34 / 35

三十四話『懇願する』

「くちゅくちゅされるの好き?もう破裂しそうなほどパンパンだぞ朝比奈。」 「止めて…出っる、出るから…」 粗相に慌てる子供のような必死さで、朝比奈が懇願する。 「朝比奈ぁ、素直に言った方が良いぜ?ほらほら早くしねぇと。みんなの前で、お漏らしさせちゃうぞ。」 「は、はしたない…」 そこまで言い、唇を閉ざすが、ぬるついた性器を撫であげられ朝比奈が焦ったように口を開く。 「大きなクリトリスで、…あっぅ」 松尾の手が少しだけ緩やかになり、朝比奈の顔に僅かな安堵が滲む。 半田が朝比奈に頬ずりをする。「続けて」 「大き…っな、ク…ト…っ――スで、―――…うぅ、俺は、悪くないっ。」 忌々しそうにそれでもどこか弱気に声を絞り出す。 「分かった分かった。じゃぁ、悪いのは俺たちな?クリトリスをどうしてほしいの?」 「く、クリトリス、虐めるの、止めて―――もう…酷い事、しないでほしい…」 ――ごちそうさま。 半田のセリフに被せ相川も同じ言葉を脳内で繰り返す。 「あっ、嘘つき、止めてっ」 射精を促すその動きに、朝比奈の唇から一筋の唾液が零れ落ちた。 「お前のクリトリスは、厭らしいことされるの好きだってよ。直ぐに尻もドスケベマンコにしてやるからよ。」 「あっあっ、駄目、射精っする」 「イクって言えよ。出ちゃうことをな、イクって言うんだよ。」 激しい呼気と、粘り気のある水音。 ひりつくような熱さと湿り気の有る劣情が三人を取り巻いていた。 松尾も半田も言葉なく、ただ喘ぐ朝比奈をつぶさに見ていた。 滑り光る性器は赤く色付き、射精に向け指の中で跳ねている。 裏筋から亀頭にかけ親指で撫であげ、とろとろと次々に水滴をおとす小さな穴を叩く。 叩き、撫で、引っ掻いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!