280 / 287

第280話

「そろそろイくか?」 「イきた…です…あっ、くぅ」 悪戯にネクタイを引かれるとクッと締め付けてしまうのが自分でもわかる。 身体の奥が疼いて仕方がない。 そこを抉って欲しい。 欲しい快感はこの人からしか貰えない。 ネクタイを解く数秒でさえ待ちきれなく、腰が揺れる。 解かれると自分の意思とは関係なく白濁が噴射した。 「いっ…っ、やらぁっ、あっうぅぅっ」 長い射精に眩暈がする。 全身が性感帯になったみたいに肌を伝う汗も精液にすら感じる。 「すげぇイき方」 「ぅ、ッ……ん、は…っ」 背中が撓った。 喉を晒して頭のてっぺんをベッドに押し付けて射精の気持ち良さに堪える。 「あ…あ…」 「ちゃんと全部出さないと、な」 長岡が尿道に残っている残滓を扱いて出させる。 ゆっくりといやらしい手付きに2度目の絶頂が見えそうだ。 「またイっちゃ、やぁぁ…っ」 「沢山イけよ。 我慢した分きもちーだろ。」 「イきます、イきます…いぐっ」 2度目にも関わらずびゅくびゅくと射精した。 精器からじんじんと痺れる様な感覚にとろとろと精液は止まらない。 それでもイってない長岡のモノが熱く脈打っている。 熱いのが欲しい 「まさ、ね、さん……」 「ん?」 「なか…だし、て……ァ…」 これ以上大きくならないと思っていたモノが自分の腹の中で更に質量を増した。 「おっき、くう、し…」 「悪い…っ」 ギラ付く目で見下ろされガツガツと奥を抉る熱に快感が脳天まで貫く。 「ぅっ、あ、あ、いっ、いって…ア゙ッ、」 「はっ、もっとイけよ。 ほら、ココだろっ。」 ぐちゃぐちゃと卑猥な水音をたてて後孔を穿たれた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!