5 / 160

第5話 魔法学校入学(5)

「は、はい」  僕は、緊張しすぎて、あまり大きい声で返事ができなかった。  こんなに沢山の人の前に出るのは、小学校の卒業式以来だ。  ギクシャクしながら、僕は、壇上へ向かう。変に緊張してしまって、ちゃんと足と手を動かせてたかも、わからなくなってる。  その間、なぜか、ザワザワと人々の囁きあう声が、静かだった部屋を満たした。 『アシュレー?』 『アシュレーですって?』 『マジかよ』 『あいつが?』  僕の名前が何度も呟かれ、視線が僕に集中している気がする。  そのせいで、すごく不安になる。僕は、何かしでかしてしまったのかな、と。  壇上にあがっても、顔を見られたくなくて下をむいたまま、校長先生のところへ歩いていく。  たぶん、そんな僕の思いが伝わってしまったのかもしれない。  校長先生の目の前に立ったとき、恐そうだった先生が優しく話しかけてきた。 「ノア・アシュレー、大丈夫。貴方には、おじいさまと、おばあさまがついているから」  いきなりおじいちゃんたちのことを言われて、僕は、驚いてしまう。 「お、おじいちゃんたちをご存じなのてすか?」  僕は、まじまじと見つめてしまう。  さっきまで下から見てた時は、とても怖そうなおばあさんに見えていたのに、それだけで、身近に感じてしまう。  すると、校長先生は身体を曲げて、僕の顔を覗き込んで、美しく微笑んで僕に言った。 「ええ、とても古いお友だちなのよ」  そう言うと、僕の肩に大きな手を置いた。 「さぁ、彼らのところに行きなさい。」  あのおじいさんのところを指差すと、僕の背中を軽く押した。  僕が階段を降り切ったところで、おじいさんのところに歩いていく。 「ノア・アシュレー、一番後ろに並ぶように」  さっきの優しそうな顔はどこかへ消えて、もう厳めしい顔で僕に言った。  僕は小さい声で「はい」と返事だけして、一番後ろに並んだ。  並んだあとも、ずっとたくさんの視線が僕を見ている。  さっきの美しい男の人のそれとは違う、好奇の視線だっていうのだけはわかった。  不躾な視線に、僕は拳を握りしめて、それに耐えるしかなかった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!