6 / 157

第6話 魔法学校入学(6)

*** 「見つけた」  ずっと待っていた。  小さく呟いた声に、エミールが反応した。 「え、どこに?」  俺の隣に立っていたエミールが身を乗り出しながら、下に並んでいるお子様たちを見下ろす。 「一番後ろ」  他のお子様たちよりも、頭一つ大きい。  薄い茶色の髪をツンツンと跳ねさせているのは、そういうくせ毛なのかもしれない。  肌が青白く見えるのは、緊張しているせいか。 「あれ、あんな髪の色だったっけ?」 「いや、白金の髪だった。」 「だよなぁ……別人じゃないのか?」  でも、俺にはわかるのだ。 「……いや、俺にはわかる。」  不安そうに前を向いている。  今感じてるだろう不安を取り除いてやれたらいいのに。  その時、ふいに目があった。  金色の大きな瞳。  そうだ。たとえ髪の色が違っていても、忘れるはずがない。  あの金色の瞳のことを。  こんなにも俺のハートは叫んでいる。  俺の運命の相手だ!と。 「レヴィ」  エミールが再び声をかけてきた。 「なんだ。」  俺は目を離したくなかったけれど、エミールの声がいつになく真剣だったのに気づいて、振り向いた。 「ハザールのところの跡取りも来てる。」  そう言うと、前のほうに立っていた金髪のクリクリ頭を指さした。 「猫ヤロウも、入学してきたのか。」  思わず舌打ちしたくなる。 「面倒なヤツが入ってきたな。」 「とりあえず、気を付けるしかないか。」  ぼそぼそとエミールと話してた時。 『ノア・アシュレー』  名前を呼ばれて、小さく返事をした。  ガチガチに緊張しているのが、離れていてもわかる。 「……そういえば、アシュレー老のお孫さんだったな。」 「ああ……あの方も苦労して……」  俺たちは、言葉少なに、彼の後ろ姿を見つめ続けた。