9 / 160

第9話 初めての友達?(3)

 そう、僕に友達らしい友達ができないのは、この二人の美男子のせいでもある。  学年は違うのに、いつも僕を気にかけてくれるのはありがたいことではあるのだけれど、『レヴィとエミールのお気に入り』というレッテルが、余計に声をかけにくくしているようなのだ。 「あの奥の席が空いてる」  レヴィが食事の乗ったトレーを片手で持ちながら、食堂の奥の空いている席を指さす。  その指さされた先の周辺では、レヴィたちの存在に気づいていた女の子たちの黄色い声があがる。  ……さすがだなぁ、と思いながら、顔を強張らせつつ後を追う。  長いテーブルの端っこに座る僕は、 前の席にレヴィ、隣にエミールと座りながら食事を始める。  この状態で話ができる相手は当然、この二人で、だけど僕は何を話しをしたらいいのか、いつも困ってしまう。 「そういえば、もう実技も少しは始まってるんだろう?」  レヴィにそう言われて、僕は手にしていたスプーンを床に落としてしまう。 「おい、大丈夫か?」  心配そうにレヴィが言うから、僕はなんとか笑顔を作った。 「大丈夫です……新しいのもらってきます」  立ち上がって席を離れようとしたら。 「いいよ、俺が出すから」  そう言って、レヴィが何かブツブツと呟くと、僕の手の中に新しいスプーンが忽然と現れた。 「わっ!?」  手の中にもう一本のスプーンが現れた感触に思わず驚いてしまう。  そんな僕のリアクションが楽しいのか、二人ともが笑いながら僕を見つめる。 「ほら、昼の時間が終わるだろ、早く食べろよ」  事もなげにそういうと、レヴィとエミールは食事を始めた。  ……彼らくらいになると、これくらいのことは当たり前のことなのかもしれない。  だけど、僕はまだ、普通の人間の生活の感覚から抜け出せてないから、こんなことですら驚いてしまう。 「……ありがとうございます」  小さくそう言うと、僕は食事を始めるのだった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!