26 / 157

第26話 探索の旅立ち(12)

「まったく……リーナスの名前が違ってたなんて……それじゃあ、ナレザールたちが必死に探しても見つからないはずだわ……」 「探す?フローラは実家には連絡してなかったのですか?」  俺とエミールは、訝し気に校長を見る。 「ええ。ずっと探していて。結局、いなくなって四年目の春のことよ。ナレザールの助けを求める連絡が使い魔によって届けられたのが、いなくなってから最初で最後だったそうよ」 「っ!?……もしかしてあの日か……」  嫌な記憶が蘇る。  真っ白な床と、対照的に赤黒い血だまりに倒れているリーナスと、壊されたおもちゃ。  頭を振って、嫌な映像を振り払う。 「とにかく。ノアの居場所は、どこだ」 「……もう学校にはいません」 「それはわかってるっ」 「……獣人の国と、人間の国の国境に、フローラの痕跡が残っていた場所があります。そこに向かいました」  俺たちは驚いた。  フローラは、敵からそこまでは逃れることができたのかと。 「エミール、とりあえず、そこに向かう。先生、具体的にはどこですか」  ようやく話が前に進んだことで、冷静さが戻った。  校長から聞いた場所は、獣人の国の首都からこちらに抜ける表の通りではなく、裏道のようなところだった。 「なんで、ノアがそんなところに……」 「アシュレー夫妻が行方不明になったからよ。」 「えっ!?」 「えっ!!」  俺たちは思わず声を合わせてしまった。  エミールが訝し気に校長に問いただす。 「いや、だからって、ノアにどうしろっていうんですか」 「……魔法使いには、身内にしか残されない独特な絆があるのは、ご存じでしょ。それを探知する魔法犬が開発されたの。それを使って、ノア・アシュレーに探索させようとしてるのよ」 「なっ、誰がそんなことをっ」 「魔法省よ」 「なんで、そこで魔法省が出てくるんですか」  俺たち二人の視線を受けながらも、校長は難しい顔をして、どこまで話すべきか、迷っているようだった。 「そんな迷うような話だったら、今はいい。それよりも、ノアのほうが大事だっ」  俺とエミールは校長を残して、部屋を飛び出した。