17 / 23

お題『忘れ物』(舟而×白帆)

「僕はブレンド。こちらにはココアを」 舟而と白帆は、飴色の柔らかな革のソファに並んで身体を沈めると、それぞれに文庫本と色鉛筆を取り出した。  舟而は青色、白帆は赤色を使って、柔らかなクリーム色の紙に並ぶ活字を辿り、時折傍線を引く。  どちらの文庫本にも、先に相手の色の線や書き込みがあり、二人はそれぞれのタイミングで深呼吸をしたり、運ばれてきた飲み物に口をつけたりしながら、読み進めていった。 「ふうん。改めて読んでみると、案外悪い人生じゃなかった」 「さよですねぇ。幸せだったと思いますよ。最後はちょっと意気地がないように思いますけど」 「そうかい? 僕はむしろ、その最後の姿に胸を打たれたけれども」 「ふふっ。でも、これよりほかの生き方は、やっぱりできなかったんでしょうねぇ」 舟而はコーヒーカップの中身を飲み干し、白帆はゆっくりココアの甘さを味わって、互いに頷き合うと、立ち上がった。  店員は会計を済ませた二人を見送り、テーブルの上に二冊の文庫本が置かれているのに気づいて、慌てて店を出たが、その姿はどこにも見当たらなかった。 「そんな急いだ感じでもなかったのに、歩くの早いなぁ」 レジの後ろの棚へ、日付と時間を書いたメモと一緒に二冊の文庫本を重ねた。 「面白くなくて、わざと置いて行ったんじゃね?」 「それにしちゃ、熱心に色鉛筆で線を引いてあるけどなー。しかも二冊とも同じ本を読んで、交換してる」 「へー。なんてタイトル? 面白いのかな?」 「『銀杏白帆といふ役者』だってさ」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
蜜柑
面影に縋って今日もただ生きているだけ
7リアクション
2話 / 1,235文字 / 60
2018/12/3 更新
同棲している先輩後輩の甘々な日常の一コマ。 随分な居眠りをしてしまった円の話。
1話 / 1,006文字 / 0
2019/5/21 更新
雨の夜、水たまりを飛ぶ男がふたり。
37リアクション
2話 / 3,337文字 / 157
2019/6/25 更新
ぬくいシーズから抜け出してキッチンを覗くと、彼がいた。
46リアクション
1話 / 272文字 / 20
2019/12/22 更新
気まぐれ更新。書きたい時に書けるだけ
3話 / 2,423文字 / 0
2019/12/25 更新
26リアクション
4話 / 1,899文字 / 0
2019/12/22 更新