5 / 23

お題『看病』(稜而×遥)

 アラームをセットせずに眠れる日曜日の朝。  稜而は自分の顔を覗き込む気配で目を開けた。 「おはようございますなのん。お加減はいかがですかー?」  天井を背景に、遥の顔が視界いっぱいに広がっていた。 「お、おはよう……」 「お熱はありませんか?」 額をくっつけて体温を測ると、遥はすぐに両手を広げて自分の口を覆った。 「あーん、大変なのん! いっぱいお熱がありますですのん!」 「…………は?」 広いベッドの隣のスペースにぺたんと座る遥は、白衣を着ていた。左袖に筆記体で『Tetsumon』と刺繍が入っていて、稜而が大学時代に使っていたものだとわかる。 「お胸の音も聞きましょうねっ」  稜而のパジャマのボタンを外すと、稜而が書斎に置いていた聴診器を耳に装着し、全く見当はずれな場所にチェストピースをあてて、ふむふむと分かったような顔をしている。 「遥先生、音はどうですか?」 稜而が込み上げてくる笑いをこらえて訊くと、遥はとても深刻な顔をした。 「とってもたくさん心臓がドキドキしてますのん。これは重症です」 「なるほど。遥先生のお見立ては? 病名とか、完治するまでの見込みとか」 「コホン、コホン。これは世界でたった一人しか罹らない、『遥ちゃん大好き病』です。とても幸せなことに、一生治りません」 「そうですか。それはよかった。こんな幸せな病気なら、一生罹っていることにします」 稜而が両腕を遥に向けて広げると、遥は笑顔で胸へ飛び込んできた。 「あーん! 稜而の病気が一生治らないように、遥ちゃんがずっとずっと看病してあげるのーん!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

色んなお題の詰め合わせ
60
32
14
36
16
15話 / 26,899文字 / 135
4/21 更新
大切な思い出は引き出しの中に……
1
3
1
1話 / 1,384文字 / 59
2018/8/6 更新
穏やかに繰り返される二人の日常
1
1話 / 1,073文字 / 40
2018/8/26 更新
完結
蜜柑
面影に縋って今日もただ生きているだけ
1
5
1
2話 / 1,235文字 / 60
2018/12/3 更新
雨の夜、水たまりを飛ぶ男がふたり。
16
3
4
11
3
2話 / 3,337文字 / 157
6/25 更新
欲情の海で溺れないように、酸素を求めてキスをする。
18
10
12
14
1話 / 849文字 / 337
9/3 更新