10 / 23

お題『ふたりだけの宴』(舟而×白帆)

「梅は咲いたか、桜はまだかいな」 白帆は楽しそうに歌いながら、縁側に座布団を置く。 「にゃあん」 「はい、はい。餡子の座布団も置きましょうね」 一回り小さい赤い座布団を置くと、猫の餡子はその上へ乗り、尻尾を追うように半周して収まった。 「あんころ餅のできあがりね」  白帆が切れ長の目を細めているところへ、長着姿に兵児帯を結んだ舟而がやってきた。 「梅は咲いたか、桜はまだかいな、と。見事に咲いたな」 羽織裏を仕立て直した座布団へ座り、梅の花に目を細める。 「ええ。香りもいいですよ」 白帆は庭下駄を履いて梅の木の下へ行くと、指先で触れるだけで落ちる花を手に受けた。 「今、お酒をお持ちしますね」  沓脱石で庭下駄を脱ぎ、台所からお盆を持って戻って来る。盃には今、枝を離れたばかりの梅の花が添えられていた。 「おひとつどうぞ」 白帆が酒を注ぐと、梅の花はゆらりと持ち上がり、舟而の鼻へ春の香りを届けた。 「ああ、いい香りだ。『酒杯(さかづき)に、梅の花浮かべ、思ふどち、飲みての(のち)は、散りぬともよし』か。お前さんも一緒にどうだい」 稜而が持ち上げて見せた徳利に、白帆は両手で盃を差し出す。 「いい陽気に、いいお酒で、すぐ気分がよくなっちまいそうです」 「目を回したら、僕が添い寝して介抱してやるよ」 「まあっ」  酒に酔ったのか、舟而の言葉に照れたのか、頬を赤く染めて白帆は笑い、そのままふわりと舟而の肩へ頭を乗せる。 「こうしてお側にいることができて、嬉しゅうございます」 「よくよく僕のところへ来てくれたね」 「当たり前じゃござんせんか。ほかに行くところなんてございません」 「そうかい。僕もお前さんなしじゃ、おちおち昼寝もしていられなかったけどね」  舟而が白帆の肩へ手を回そうとしたとき、白帆は突然頭を起こし、立ち上がった。 「そうそう。チョコレートをいただいたんです。バレンタインデーだからって、稜而さんと遥ちゃんがお供えしてくだすったんですよ」 バランスを崩して後ろ手をつく舟而に、白帆は目を丸くする。 「先生、もうお酒が回っちまいましたか」 「いや、僕は大丈夫。チョコレートを持っておいで」  隣に戻ってきた白帆は、ゆっくりと口の中でチョコレートを溶かし、酒を流し込む。 「ボンボンみたよで、美味しゅうございます。先生もいかがですか」 「ん? 僕はこちらで」 改めて白帆の肩を抱き、チョコレートの残る唇へ、そっと唇を触れさせた。 「充分に甘い」 「まぁ、先生ったら」  二人は肩を寄せ合い、池の水面を見た。そこにはポケットに両手を突っ込んで歩く稜而と、その周りを賑やかに喋りながら飛び跳ねる遥の姿があった。 「ふふっ、私たちにもあんな頃がありましたねぇ」

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

電波な幼馴染み と ツッコミ気質な平凡
4
3話 / 10,828文字 / 16
2018/2/11 更新
腕を上げるべくお題でどんどんSSを書いてくチャレンジ。ほのぼの多め(たぶん)
2話 / 11,944文字
2018/6/9 更新
完結
紫煙
セフレ二人の短いお話。
4
1話 / 1,301文字 / 0
4/8 更新
「愛してるよ。ダニー」
...11
1話 / 5,811文字 / 60
5/28 更新
気象予報士の南雲さんとADのキバヤシくんの、恋のその後
...77
4話 / 6,448文字 / 308
9/2 更新
欲情の海で溺れないように、酸素を求めてキスをする。
...74
1話 / 849文字 / 337
9/3 更新