11 / 23

お題『指切り』(稜而×遥)

「♪ゆーびきーりげーんまん、うっそついたら、ハリセンボンのーます!♪ なんて、無理なのーん……」 水族館の水槽で身体を膨らませたハリセンボンに向かい、遥はほっぺたを膨らませて唇を尖らせた。 「こんなの飲み込めないのよー」 「嘘をつくというのは、それだけ重罪だということじゃないか」 稜而は適当なことを言いつつ、遥が満足するまで手をつないで隣に立っていた。 「針は鱗の一種なのかしらん? それとも針っていう分類があるのかしらん。バラのとげってあんまり役に立たないけど、この子はちゃんと身を守れているのかしらん? ふぐ毒って、食べたら毒だけど、自分の毒でお腹を壊したりしないのかしらん? もし怪我をしてウニの針とかが自分のお腹に刺さって、体内に毒が広がっちゃったりしたらどうなるのかしらん? ふぐ毒ってふぐが生きてる間は海中に溶け出したりしないの? 食べられてから相手をやっつけて相討ちってこと? 人間はふぐを食べたら死んじゃうってお知らせできて、ふぐを食べなくなったりするかもだけど、海の中でそんな宣伝はできるのかしら? できないとしたら、食べたら死ぬって伝わらなくて、ただ食べられるたびに相手が死んじゃうのを繰り返すだけで不毛じゃない? 結局毒があったって人間は食べちゃうし……。あーん、せめて頑張ってとげで身を守ってくださいなのよー!」 水槽の中のハリセンボンに話しかけ、手を振ってようやく次の水槽に向かって歩く。 「あーん、デンキウナギさんは、自分の電気でビリビリってなっちゃわないのかしらん! 焼け焦げになって自分から蒲焼きになっちゃったり……」 「閉館までに最後の水槽へたどり着けるかな?」 水槽にぐっと顔を近づけ目を輝かせている遥の横顔を見ながら、稜而は目を弓形に細めた。 「ねぇねぇ稜而、見て見て! あのエイさん、ブクブクって空気が出てくるところで遊んでるのん!」 つないだ手を引っ張られ、指差すほうを見ると、パイプから下向きに吹き出す空気の泡の下へエイが泳いで行っては、その水流にあおられて身を翻す。押し流されるのに、わざわざまたパイプの下へ泳いで行くのを繰り返している様子から、意図的と思われた。 「へぇ。魚も遊ぶんだな」 「生きていくのに、楽しいことは必要なのん! ただ水槽の中を泳いでるだけじゃ、退屈でたい焼きになっちゃうのよー! お腹の中があんこでいっぱいよ! ♪まいにち、まいにち、はるかちゃんはよびこうでー、べんきょうしてて、いやになっちゃうのーん。たまにはりょうじとすいぞくかんにきてー、デートして、いきぬきたのしむのさー♪」 ぴょんぴょん飛び跳ねる遥を見て、稜而はまた目を弓形に細める。 「稜而、なんでそんなに笑ってるのん? 遙ちゃん、面白い?」  遥は稜而に向けて、両頬を左右にみょーんと引っ張った。 「ん?」 稜而はいきなり遥の頭を自分の胸に抱え込み、強引に水槽から引き離すと、水槽がない壁際へ遥を連れていった。 「なに、なに?」  照明が届かない暗がりで、稜而は遥の頭をぎゅうぎゅう抱いたまま、俯いて遥の耳元に話す。 「遥、約束して。また俺とデートして。いい?」 「はいなのん」 「指切り」 稜而が小指を出すと、遥も小指を出して絡め、上下に揺すった。 「♪ゆーびきーりげーんまん、うっそついたら、ハリセンボンのーます!♪」  絡めた指を解いてから、遥は稜而の顔を見上げた。 「どうしてデートしてるのに、デートの約束するのん?」 「ん? 約束がたくさん欲しいから。次の約束があったら、それを楽しみにまたいろんなことが頑張れる。遥は楽しいことを励みにしてるみたいに、俺は楽しい遥を励みにする」 「遙ちゃん、愛されてる?」 遥はまたみょーんと自分の両頬を伸ばして見せて、稜而は笑顔でうんうんと頷いた。 「世界中の海より深く愛してる」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!